カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA C-HR(オーナー・上野会李袈さん) by Brain Child 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA C-HR(オーナー・上野会李袈さん) by Brain Child 後編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA C-HR(オーナー・上野会李袈さん) by Brain Child 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA C-HR(オーナー・上野会李袈さん) by Brain Child 後編
  • C-HRの内装を大人のムード満点の上質なカスタムで彩ったこのクルマ。オーディオインストールのクオリティも抜群だ。
  • モレルのフロント3ウェイシステムを組み込んだコクピット。8インチモデルのダイヤトーン・サウンドナビも存在感満点。
  • ドアは純正デザインを生かしたカスタムを実施。スピーカーまわりにスマートな加工を施すことで周辺と違和感ない作りとした。
  • Aピラーにはミッドレンジを、ダッシュ奥にはトゥイーターをインストールする。中高域スピーカーをうまくまとめた処理だ。
  • ダッシュの純正ツイーターの取り付け位置を利用してトゥイーターをインストール。角度付けも狙い通り決まった。
  • ドアはアウターバッフル化してモレルのミッドバスであるイレイトTiMW6をインストール。バッフル面の処理も美しい。
  • ダイヤトーン・サウンドナビNR-MZ300PREMIをチョイス。8インチの大画面はコクピットを一段と華やかに魅せる効果もある。
フラットインストールを採用したカスタムラゲッジを作り上げた上野さんのC-HR。コクピットまわりには3ウェイスピーカーを中心としたカスタムインストールを施した。福岡県のBrain Childの手によるラゲッジ同様の上質な取り付けをとくとご覧あれ。

◆フロント3ウェイ構成を巧みなデザインで美しくショーアップ

C-HRの内装を大人のムード満点の上質なカスタムで彩ったこのクルマ。オーディオインストールのクオリティも抜群だ。

《C-HRの内装を大人のムード満点の上質なカスタムで彩ったこのクルマ。オーディオインストールのクオリティも抜群だ。》

モレルのフロント3ウェイシステムを組み込んだコクピット。8インチモデルのダイヤトーン・サウンドナビも存在感満点。

《モレルのフロント3ウェイシステムを組み込んだコクピット。8インチモデルのダイヤトーン・サウンドナビも存在感満点。》

ドアは純正デザインを生かしたカスタムを実施。スピーカーまわりにスマートな加工を施すことで周辺と違和感ない作りとした。

《ドアは純正デザインを生かしたカスタムを実施。スピーカーまわりにスマートな加工を施すことで周辺と違和感ない作りとした。》

アクリルや手の込んだデザイン処理を施してカスタムレベルを高めたラゲッジを備える上野さんのC-HR。フロントステージでも上質なカスタム処理が加えられているので順に見ていくこととしよう。

注目なのはフロント3ウェイスピーカーのインストールスタイルだ。Aピラー、ダッシュ、ドアを巧みにカスタム処理することで、モレルのスピーカー群をスマートに収めているのが特徴。ラゲッジ同様に大人のカスタムテイストをうまく引き出した加工が見どころだ。

デザイン面で注目したいのはその素材使い。ドアのバッフル面には人工スエードを用いた落ち着いたフィニッシュを施す。ダッシュ奥のトゥイーター取り付け面にはメッシュ素材の生地を使ったフィニッシュ、さらにAピラーはレザー仕上げと、適材適所に表皮素材を使い分けることで、全体を落ち着いたダークグレー系のカラーリングでまとめていながらコクピットに彩りを加えている。

◆ピラー&ダッシュを使った個性的なスピーカーインストールを実施する

Aピラーにはミッドレンジを、ダッシュ奥にはトゥイーターをインストールする。中高域スピーカーをうまくまとめた処理だ。

《Aピラーにはミッドレンジを、ダッシュ奥にはトゥイーターをインストールする。中高域スピーカーをうまくまとめた処理だ。》

ダッシュの純正ツイーターの取り付け位置を利用してトゥイーターをインストール。角度付けも狙い通り決まった。

《ダッシュの純正ツイーターの取り付け位置を利用してトゥイーターをインストール。角度付けも狙い通り決まった。》

ドアはアウターバッフル化してモレルのミッドバスであるイレイトTiMW6をインストール。バッフル面の処理も美しい。

《ドアはアウターバッフル化してモレルのミッドバスであるイレイトTiMW6をインストール。バッフル面の処理も美しい。》

フロントスピーカーにチョイスしたのはモレル。トゥイーターにスプリーモ・ピッコロIIをミッドレンジにはCDM880IIを、そしてミッドバスにはELATE TiMW6を組み合わせる。中域の厚みや高解像度サウンドを引き出すフロント3ウェイシステムを構築した。

インストール面で特に印象的なのはトゥイーター&ミッドレンジ。トゥイーターはダッシュ奥の純正トゥイーターが埋め込まれているスペースを使ってスプリーモの大型トゥイーターを埋め込み処理する。周囲を盛り上げてトゥイーターを適度に角度付けするインストールスタイルは音質的にもデザイン的にも秀逸だ。

さらに、AピラーにはミッドレンジのCDM880IIをインストール。こちらもかなりの大型ユニットだがピラーの根元に近い部分を大胆に加工することで違和感なく収めている。周囲のピラーもエグリ加工を施して反射を極力減らしているのも見て取れる。中高域スピーカーを近くに設置することで音源を集中する狙いも決まった。

ミッドバスはドアにアウターバッフルとして取り付けられる。ドアパネルの下部をうまく利用して広いバッフル面を確保、スピーカーの周囲を人工スエードで処理するなど、純正ドアとの融合もピタリと決まる。純正のプロテクションを加えてデザイン面と音ヌケの良さを引き出した仕上げにも注目だ。

◆ナビ、デジタルプロセッサー共に高い評価を受ける定番アイテムを投入

ダイヤトーン・サウンドナビNR-MZ300PREMIをチョイス。8インチの大画面はコクピットを一段と華やかに魅せる効果もある。

《ダイヤトーン・サウンドナビNR-MZ300PREMIをチョイス。8インチの大画面はコクピットを一段と華やかに魅せる効果もある。》

シート下に設置されているヘリックスのデジタルプロセッサーDSP-PRO mk2。調整機能を一手に引き受ける頼れるアイテムだ。

《シート下に設置されているヘリックスのデジタルプロセッサーDSP-PRO mk2。調整機能を一手に引き受ける頼れるアイテムだ。》

ヘリックスの操作部はコクピットの操作しやすい位置に取り付けられる。ソース切り替えやメモリー切り替えも画面操作で可能。

《ヘリックスの操作部はコクピットの操作しやすい位置に取り付けられる。ソース切り替えやメモリー切り替えも画面操作で可能。》

コクピットを彩るもう一つのアイキャッチはダイヤトーン・サウンドナビ。8インチモデルのNR-MZ300PREMIをビルトインしたナビスペースは存在感満点。高音質サウンドのキーワードにもなるユニットとしてシステム全体の司令塔として活躍する。

システムデザインとしては3台のパワーアンプを使ったマルチシステムを組む。それらのシステムをコントロールするデジタルプロセッサーにはヘリックスのDSP PRO mk2をチョイス。詳細な調整機能を備えた定番のプロセッサーを使ってサウンドを磨け上げている。液晶画面を備えた操作部をセンタークラスター下部に設置して、操作性も抜群に仕上げた。

一つ一つのユニットにこだわり、インストールスタイルにも徹底してこだわったこのクルマ。ド派手なカスタムではなく、あくまでも上質な大人のカスタムに仕上げたのは狙い通り。サウンドとデザインを見事に両立させたカスタムオーディオマシンができ上がった。
《土田康弘》

特集

page top