トヨタ アルファード 改良新型…第2世代セーフティセンス搭載、走りと燃費の新V6エンジンも[写真蔵] | Push on! Mycar-life

トヨタ アルファード 改良新型…第2世代セーフティセンス搭載、走りと燃費の新V6エンジンも[写真蔵]

トヨタ自動車は、高級ミニバン『アルファード』と『ヴェルファイア』をマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売した。今回は改良新型アルファードを多数の写真とともに紹介する。

自動車 ニュース
トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
  • トヨタ アルファード 改良新型
トヨタ自動車は、高級ミニバン『アルファード』と『ヴェルファイア』をマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売した。今回は改良新型アルファードを多数の写真とともに紹介する。

今回のマイナーチェンジでは、第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備(ヴェルファイアと共通)。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車運転者や夜間歩行者も検知できる「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載する。さらに、後退時の死角を検知して注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定するなど、安全運転支援の強化を図った。

エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更し、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)の採用など、それぞれの個性を際立たせたほか、インテリアではメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感を高めた。

またエアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジS」を設定。専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、先進的でモダンな室内空間を演出。さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードの「S」も設定した。

パワートユニットは2.5リットル4気筒エンジンベースのガソリン車およびハイブリッドモデルに加え、よりダイレクトな走りと高い燃費性能を実現するV6 3.5リットルエンジン(最高出力301ps・2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8AT採用モデルを追加。また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させている。

価格は335万4480円から750万8160円。月販目標は3600台。
《平川 亮》

特集

page top