シーズン開幕! 『まいど大阪 春のプチ車音祭2017』が大開催! 注目車両リポート!! 後編 | Push on! Mycar-life

シーズン開幕! 『まいど大阪 春のプチ車音祭2017』が大開催! 注目車両リポート!! 後編

今年もいよいよ、各地でカーオーディオ・イベントが催される季節がやってきた。その先陣を切って、『まいど大阪 春のプチ車音祭2017』が3月20日に、兵庫県・神戸総合運動公園にて開催された。そこで見つけた、登録店からエントリーした注目車両を掲載している。

カーオーディオ 特集記事
今年もいよいよ、各地でカーオーディオ・イベントが催される季節がやってきた。その先陣を切って、『まいど大阪 春のプチ車音祭2017』が3月20日に、兵庫県・神戸総合運動公園にて開催された。そこで見つけた、登録店からエントリーした注目車両を掲載している。

その後編となる今回は、8台の力作コンペカーを、じっくりとご紹介していく。


BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店

BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店
BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店BMW・M4(オーナー/竹松正彦さん)by Avカンサイ宝塚店
竹松さんが愛車のBMW・M4にオーディオを組んだのは1年前。そして今年の1月にはスピーカーを変更する等のシステムアップを図り、さらなる高音質化を実現している。こうして完成されている現在のシステムは、ソースユニットがソニーのウォークマン、プロセッサーがヘリックスのDSP PRO。パワーアンプにはブラックスの4chアンプ2台とカロッツェリアが採用されている。スピーカーは、トゥイーターがスキャンスピーク、ミッドレンジとミッドウーファーがカロッツェリア、そしてサブウーファーがダイヤトーンだ。女性ボーカルの美しさにこだわったというそのサウンドは、なるほど透明感が高くクリア。ほどよく柔らかみもあり、聴きやすさも際立っていた。

ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店

ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店
ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店ホンダ・フィット(オーナー/下田裕正さん)by マイスター安城店
カーオーディオ歴は約20年というベテランの下田さん。このクルマのシステムは、去年の9月に一気に完成させたとのことだ。クルマを買い替え、以前の所有車からユニットを移植して仕上げたという。使用ユニットは、DAPをソースユニットとして使い、プロセッサーにはカロッツェリアXのRS-P99Xを、パワーアンプには同・RS-A99X×1台、同・RS-A09X×2台を使っている。フロント3ウェイはモレルで構成し、サブウーファーにはダイヤトーンのSW-G50をチョイス。原音を忠実に再現することを目指している、とのことだ。聴いてみると、低域のドライブ感がまずは好印象。全体的にもエネルギー感が溢れ、説得力のあるサウンドが展開されていた。

トヨタ・アクア(オーナー/上岡秀基さん)by サウンドステージ

トヨタ・アクア(オーナー/上岡秀基さん)by サウンドステージ
トヨタ・アクア(オーナー/上岡秀基さん)by サウンドステージトヨタ・アクア(オーナー/上岡秀基さん)by サウンドステージトヨタ・アクア(オーナー/上岡秀基さん)by サウンドステージトヨタ・アクア(オーナー/上岡秀基さん)by サウンドステージ
このアクアには2年前から乗っているという上岡さん。納車してすぐにオーディオを組み、そして1年前にアンプを変更し現在のシステムが完成したとのことだ。使用ユニットは以下のとおり。メインユニット兼プロセッサーが、ダイヤトーン サウンドナビ・NR-MZ100PREMI、パワーアンプがブラックス×2台、そしてフロント3ウェイにモレルを採用し、サブウーファーにはダイヤトーンのSW-G50を採用している。ちなみに上岡さんが普段よく聴いているのはロックやフュージョン。それらをキレ味鋭く再現したい、とのことだ。試聴してみると、キリッとしていてヌケが良い。低域のドライブ感も上々で、生命力みなぎる生き生きとしたサウンドを堪能できた。

スバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズ

スバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズ
スバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズスバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズスバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズスバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズスバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズスバル・インプレッサ(オーナー/井上知也さん)by ブリーズ
6年ほど前に新車で購入しオーディオを組み、以来、コツコツとここまでに仕上げたという井上さんのインプレッサ。現在のシステムが完成したのは昨年の秋、とのことだ。搭載ユニットは、メインユニットがカロッツェリアのDEH-P01、パワーアンプにはモスコニ×2台を採用し、1台でフロント3ウェイのトゥイーター(モレル)とミッドウーファー(ミュゼ)を鳴らし、もう1台でサブウーファー(カロッツェリア)をドライブしている。ミッドレンジ(モレル)はメインユニットの内蔵アンプで駆動している。楽器の音をリアルに再現したいとのことだ。その音は、確かに楽器の音が生々しく、全体的にも臨場感がたっぷりで迫力がある。生き生きと音楽が再現されていた。

レクサス・GS450h(オーナー/高橋伸明さん)by アミューズ

レクサス・GS450h(オーナー/高橋伸明さん)by アミューズ
レクサス・GS450h(オーナー/高橋伸明さん)by アミューズレクサス・GS450h(オーナー/高橋伸明さん)by アミューズレクサス・GS450h(オーナー/高橋伸明さん)by アミューズレクサス・GS450h(オーナー/高橋伸明さん)by アミューズ
高橋さんが愛車のレクサス・GS450hにオーディオを積み始めたのは約6年前。それ以来、10数回にわたってシステムアップを重ね、現在のシステムに行き着いたという。フロントスピーカーは、ダイヤトーンのDS-SA3。このスピーカーのコクのあるサウンドに魅せられ、その能力を引き出すべく、他のユニットをチョイスしているとのことだ。スピーカー以外のユニットは、まずソースユニットがソニーのウォークマン。プロセッサーがヘリックスのDSP PRO、パワーアンプがブラックスとカロッツェリア。聴いてみると、コクが豊かで濃密。余韻の美しさにも特長が感じられた。低域は量感もたっぶりあり、しかしほどよくタイト。味わい深いサウンドだった。

トヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアム

トヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアム
トヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアムトヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアムトヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアムトヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアムトヨタ・bB(オーナー/平野弘二さん)by カーオーディオスタジアム
カーオーディオ歴、ビーウィズ歴、ともに約6年という平野さん。搭載システムは以下のとおり。メインユニットがダイヤトーン サウンドナビ、NR-MZ60PREMI、プロセッサーがBEWITH STATE BS04、そしてフロント2ウェイ+サブウーファー×2発が、ビーウィズのアキュレートII、という布陣だ。ステージを広く再現できるところがビーウィズの良さ、とのことだった。普段よく聴いている音楽は、R & Bからクラシックまでと幅広い。目指しているサウンドは、暖かみのある音、ということだ。試聴してみると、ワイドレンジで、かつ深みがあり、伸びやかさも十二分。弾力感があり、しかもほど良くタイトな低音も心地良かった。完成度の高いサウンドを満喫できた。

VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店

VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店
VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店VW・パサートヴァリアント(オーナー/家高英雄さん)by マイスター一宮店
スピーカーとパワーアンプを、ドイツの実力ブランド、グラウンドゼロの上級機で固めている家高さん。ソースユニットには、DAPを使い、プロセッサーにはレインボウを採用している。ちなみに家高さんのカーオーディオ歴は約20年。プロショップに通い始めてからは10年ほどが経過しているとのことだ。3ウェイにトライしたのはこのクルマが初めてとのことで、調整の難しさはあるものの、それが上手くいったときには音に充実感がみなぎる、と話してくれた。なお、目指しているのは“楽しく聴けること”。カーオーディオに自然体で向き合っている。その音は、至って滑らかで繊細。その上で低域は伸びやかで力強い。いつまでも浸っていたくなるサウンドだった。

トヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポート

トヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポート
トヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポートトヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポートトヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポートトヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポートトヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポートトヨタ・アクア(オーナー/長住康二さん)by ウェイブトゥポート
長住さんのアクアには、CDメインユニット、AVヘッドに加え、iPad mini 4、さらにはハイレゾ対応メディアプレーヤーまで導入されていて、あらゆるメディアが楽しめるようになっている。そして、さまざまな音源を高音質で楽しむべく、各オーディオユニットにも一線級を投入。プロセッサーがヘリックスのDSP PRO MKII、パワーアンプがカロッツェリアX・RS-A99X×2台、そしてスピーカー群には、ブラックスのマトリックスシリーズを使っている。目指しているのは、ナチュラルで、長く聴いていても疲れない音。実際に聴いてみると、高域は滑らかできめ細かく、低域はドライブ感が満点。心地良く、かつ躍動感に溢れたサウンドが楽しめた。
《太田祥三》

特集

page top