カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA VELLFIRE(オーナー・富岡俊介さん) by  サウンドクォリティー 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA VELLFIRE(オーナー・富岡俊介さん) by  サウンドクォリティー 後編

お気に入りのロックフォードサウンドで車内を満たすインストール & システムデザインを構築したオーナー。フロントスピーカーにはロックフォードT3をチョイスする。千葉県のサウンドクオリティーがシンプルでスマートなデザインと高音質を両立させた。

カーオーディオ 特集記事
お気に入りのロックフォードサウンドで車内を満たすインストール & システムデザインを構築したオーナー。フロントスピーカーにはロックフォードT3をチョイスする。千葉県のサウンドクオリティーがシンプルでスマートなデザインと高音質を両立させた。

◆シンプルで使いやすいコクピットに
 高音質再生のシステムを構築する

ヴェルファイアの持つユーティリティ性能をスポイルせずに自分好みのサウンドを再生することを狙ったシンプルシステムが光る。フロントステージのテーマはシンプル。ラゲッジスペース同様、ストックのデザインを大きく変更することなくインストールを施す。ロックフォードT3のミッドバスはドアにアウターバッフルで取り付けられる。スピーカー周辺のみを加工するシンプルな形状。
荷室の使い勝手をスポイルすることなく、ロックフォードのサブウウーファー & パワーアンプをインストールしたラゲッジスペースが印象的なヴェルファイア。フロントステージでもお気に入りのロックフォードのユニットを使ったインストール & 音作りが実践した。コクピットのデザインテーマは「シンプル」。ラゲッジ同様に奇をてらったカスタムを投入するのではなく使いやすい仕様を目指した。

フロントスピーカーに選んだのはT3。液晶ポリマー(LCPF)素材を用いた振動板を持つ同ブランドの高音質モデルだ。ミッドバスをアウターバッフル化してサウンド重視のインストールを施す。デザインは純正ドアのラインを尊重したスタイリッシュなものとした。

音楽ソースにはナビ(アルパイン・ビッグX)に加えてiPhoneを用いる普段使いを重視した扱いやすいスタイル。オーナーがiPhoneで聞いている音源を、そのままクルマでも楽しめるシステムとした点も高音質なカーオーディオを身近に楽しみたいというオーナーの思いがこもっているといえうだろう。

◆ヴェルファイアのピラーにフィットする
 ロックフォードT3のトゥイーターデザイン

AピラーにインストールされるロックフォードT3のトゥイーター。グリル形状やメッキリングなどで存在感をアピールする。ピラーへの取り付け面は角度が付けられ、高域特性を大きく左右するトゥイーターの角度を最適化しているのも見て取れる。ナビにはヴェルファイア専用モデルのビッグXをチョイス。10インチの大画面が迫力&使い勝手の良さを兼ね備える。
ロックフォードT3のトゥイーターにはミッドバス同様の液晶ポリマー素材の振動板を採用している。グリルのパンチングから透けて見えるドームのカラーリングも上質でミッドバスとの統一感も抜群。

このトゥイーターをAピラーにインストール。絶妙の角度付けが施され周辺の造形も違和感なく調整されているのがわかる。Aピラーに取り付けた状態を見ると適度な口径でバランスも良くピタリと収まるデザイン。加えてきらりと光るメッキリングを備えたグリルデザインも美しく存在感もしっかりアピールしている。

ナビにはアルパインのビッグXをチョイス。ヴェルファイア専用モデルならではの周辺パネルまでを車種専用デザインしたナビは、大画面(10インチ)でいながらインテリアとのデザインマッチングも絶妙に決まっている。

◆高音質DACを用いてメモリー
 オーディオの再生クオリティをアップ

デジタルデータ(ハイレゾもサポート)の高品質なDA変換を担うオーディオテクニカのAT-HRD5をインストールした。オーナーが主に用いる音楽ソースはiPhone。普段から持ち歩いている音源をそのまま車内で楽しめるのが魅力だという。オーバーヘッド部分を加工して取り付けられているのはオーディソン・ビットテンDの操作部。ボリュームなどの操作はここで行う。
オーナーが主に用いる音楽ソースはiPhone。メモリーオーディオをより良い環境で再生するために、DACにはオーディオテクニカのデジタルトランスポート・AT-HRD5を装備する。将来的にはハイレゾ対応のDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)の導入など、デジタル音源の発展性を考慮したシステムデザインでもある。

フロント2ウェイ+サブウーファーをコントロールするデジタルプロセッサーにはオーディソンのビットテンDをセット。ロックフォードのスピーカー & パワーアンプ群をコントロールし、オーナーお気に入りのヒップホップを迫力いっぱいに再生するサウンドチューニングが施される。操作部をオーバーヘッドにビルトインすることでデザイン性に加えて操作性も高めている。

大幅なカスタムインストールを施すのではなく、あくまでもストックを重視して普段使いできるクルマで高音質なオーディオ再生をテーマにしたこのクルマ。快適なサウンドに満たされた空間を作り上げ、日常ユースから長距離ドライブまでを楽しくサポートする望み通りのオーディオカーを完成させた。
《土田康弘》

特集

page top