フェラーリ SP 275 rwコンペティツィオーネ 公式発表…275GTB の“ベルリネッタらしさ”とは | Push on! Mycar-life

フェラーリ SP 275 rwコンペティツィオーネ 公式発表…275GTB の“ベルリネッタらしさ”とは

イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは12月21日、最新のワンオフモデル、『SP 275 rwコンペティツィオーネ』を公式発表した。

自動車 ニュース
フェラーリ SP 275 rwコンペティツィオーネ
  • フェラーリ SP 275 rwコンペティツィオーネ
  • フェラーリ SP 275 rwコンペティツィオーネ
イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは12月21日、最新のワンオフモデル、『SP 275 rwコンペティツィオーネ』を公式発表した。

同車は、フェラーリ『F12ベルリネッタ』のシャシーをベースに、フェラーリスタイリングセンター指揮の下、ピニンファリーナと共同開発。V型12気筒ガソリンエンジンは強化されており、トランスミッションは限定車の『F12tdf』のものを搭載する。

SP 275 rwコンペティツィオーネは、1960 年代のフェラーリを代表するフロントV12ベルリネッタの一台、 『275GTB』にインスピレーションを得てデザインされた。純粋かつシンプルなラインが見事に調和した275GTBが持つ、ベルリネッタらしさとは何か、というテーマを追求し、現代的に再解釈したモデルだ。

とくにリアのスリークォーターパネルからホイールアーチにかけてのボリューム感は、後輪の力強さとスタイリッシュな印象を与えるのが狙い。若干トレッドを広げ、慎重にデザインされた。

フロントホイールアーチ後方、エンジンベイからの熱気を逃がす4連ベント、そしてBピラー後方、サイドウインドウエリアの3連ベント付きスリークォーターパネルは、275GTBの特徴を再現。テールの際立つノルダーをはじめ、アルミニウム製のフィラーキャップ、リアホイールアーチ後方の3連ルーバーなどは、1965年のルマン 24 時間レースで3位表彰台を獲得したコンペティション仕様の275GTBを連想させるデザインで仕上げられている。
《森脇稔》

特集

page top