【実践! サウンドチューニング】中級編 Part.1「タイムアライメント」その2「緻密にコントロールするための条件とは?」 | Push on! Mycar-life

【実践! サウンドチューニング】中級編 Part.1「タイムアライメント」その2「緻密にコントロールするための条件とは?」

カーオーディオ 特集記事

三菱電機・ダイヤトーン サウンドナビの「タイムアライメント」調整画面。
  • 三菱電機・ダイヤトーン サウンドナビの「タイムアライメント」調整画面。
カーオーディオの音の良し悪しに大きな影響を与える「サウンドチューニング」について、そのノウハウを広くご紹介している当コーナー。現在はいよいよ“中級編”に突入し、まずは「タイムアライメント」をテーマにお届けしている。

前回は、これがどのような機能なのかを解説した。その中で、「トゥイーターとミッドウーファーを個別にコントロールするためには、システムレイアウトが、“マルチアンプシステム”を構成できている必要がある」と説明させていただいた。今週はこの“マルチアンプシステム”が何か、を解説していく。

“マルチアンプシステム”とは、簡単に言うと、「1つのスピーカーユニットごとに、パワーアンプの1chずつをあてがうシステム」のことを指す。

そして、このようなシステムレイアウトを取るためには、「アクティブ・クロスオーバー」が不可欠となる。「クロスオーバー」とは、音楽信号をトゥイーター用とミッドウーファー用に“帯域分割”する行為である。通常はそれを、スピーカーユニットに付属している「パッシブクロスオーバーネットワーク」で行う。

それに対して「アクティブ・クロスオーバー」とは、音楽信号を、パワーアンプに送られる前に“帯域分割”する装置である。あらかじめ“帯域分割”することで、それぞれを個別にコントロールできる状況を作り出せるのだ。そして、これを使うことで初めて、「1つのスピーカーユニットごとに、パワーアンプの1chずつをあてがうシステム」が構成できるのである。

なお、「アクティブ・クロスオーバー」は、緻密に「タイムアライメント」をコントロールすることが可能となるユニットである「DSP」(デジタル・シグナル・プロセッサー)内に、1機能として搭載されている。「DSP」で「クロスオーバー」を設定して、それにより「マルチアンプシステム」を成立させ、その上で緻密に「タイムアライメント」機能を操作していく、という流れとなるのだ。

少々、難しい話となってしまったが、ご理解いただけただろうか。さて次回は、話を一旦戻し、簡易的なタイプの「タイムアライメント」の調整方法を解説していこうと思う。次回もお読み逃しなく。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top