秋晴れの“群馬サファリパーク”で、『E:S SOUND FANATICS MEETING』が大開催! 注目車両をピックアップ・リポート! | Push on! Mycar-life

秋晴れの“群馬サファリパーク”で、『E:S SOUND FANATICS MEETING』が大開催! 注目車両をピックアップ・リポート!

カーオーディオ 特集記事

秋晴れの“群馬サファリパーク”で、『E:S SOUND FANATICS MEETING』が大開催! 注目車両をピックアップ・リポート!
  • 秋晴れの“群馬サファリパーク”で、『E:S SOUND FANATICS MEETING』が大開催! 注目車両をピックアップ・リポート!
  • トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
  • トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
  • トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
  • トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
  • トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
  • トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
  • トヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージA
10月16日、群馬県・群馬サファリパークにて、「ロックフォード」や「グラウンドゼロ」等多くの人気欧米カーオーディオブランドの製品を正規輸入するイース・コーポレーション主催による、『イース サウンドファナティクス・ミーティング』が開催された。

愛好家たちが、共通の趣味であるカーオーディオの世界を語り合える場を提供することを目的として開催された当イベント。サウンドコンペという形を取りながらも、お互いのクルマを試聴しあったり、サウンド談義を深め合ったりと、終始、和気あいあいとした穏やかな雰囲気で会は進行。充実の1日となっていた。

当サイトでは、今日と明日の2日にわたり、登録店からエントリーした注目車両を、じっくりとご紹介していく。


トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル

トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
トヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイルトヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイルトヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイルトヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイルトヨタ・プリウス(オーナー/宮前大介さん)by トゥビースタイル
オーディオシステムが完成したのは、イベントの約1週間前という宮前さん。クルマを購入後、一気に作り込んだとのことだった。システム構成は以下のとおり。メインユニットはダイヤトーン・サウンドナビで、フロントスピーカー、サブウーファー、サブウーファー用のパワーアンプをすべてキッカーで統一している(フロントスピーカーはサウンドナビの内蔵アンプでドライブ)。クルマを運転していて楽しくなるような音を目指していて、キッカーらしいパワフルな低音を効かせながらかつ、高音もきっちりと鳴らす、というのがサウンドコンセプトだ。実際に聴いてみると、低音の力強さがまずは印象的。それでいて全帯域にわたってヌケが良く、高域もシャープ。爽快なサウンドが楽しめた。

トヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージA

トヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージA
トヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージAトヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージAトヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージAトヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージAトヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージAトヨタ・クラウンハイブリッド(オーナー/福島 淳さん)by ガレージA
カーオーディオ歴は20年以上という福島さんは、愛車・クラウンでエントリーした。約2年前に完成したというシステムは、以下のようなユニット構成となっている。ソースユニットとして活用するのはiPhone。プロセッサーにはヘリックスのDSP-PROを使い、パワーアンプにはグラウンドゼロを使用する。フロントスピーカーにはフラックスをチョイスして3ウェイを組んでいる。トランクのサイドウォールに設置したサブウーファーはJLオーディオだ。自分にとって気持ち良い音を目指しているという福島さん。聴いてみると、まずはサウンドステージのリアルさが印象に残った。情報量が多く解像度も高い。低域には伸びがあり、エネルギー感も十分。聴き応えあるサウンドが楽しめた。

トヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティール

トヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティール
トヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティールトヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティールトヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティールトヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティールトヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティールトヨタ・プリウス(オーナー/斉藤恵幸さん)by カーズファクトリーシュティール
高校生のころからカスタムに興味を持ち、クルマ関係のイベントを見学しては、いつか自分も…と夢を膨らませていたという斉藤さん。高校卒業後、念願かなってクルマを手にし、一気にここまでのカスタムを完成させた。搭載しているオーディオシステムは次のとおりだ。ソースユニットとして純正オーディオを活用し、パワーアンプ、フロントスピーカー、サブウーファーをキッカーで固めている。パンチのある重低音と、キレイに伸びる高音が気に入っているとのことだ。試聴してみると、なるほど確かに高域にキレがありヌケも良い。重く、かつ伸びやかな低域も好印象だった。カスタムもシステムもコツコツと成長させていきたいとも語ってくれた斉藤さん。今後にも期待大!

ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店

ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店
ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店ホンダ・アコード(オーナー/長原正和さん)by マイスター一宮店
アコードで参加した長原さん。使用ユニットは以下のようなラインナップだ。ソースユニット & プロセッサーとして、ダイヤトーン・サウンドナビをチョイスし、パワーアンプには、アークオーディオとカロッツェリアXを採用している。フロントスピーカーならびにサブウーファーはモレルで統一していた。約7年をかけ、計10回以上にもおよぶステップアップを経て、ここまでのシステムを搭載するに至ったとのことだ。ちなみに、現在のスピーカーは約3年間使っていて、中低域のふくよかさが気に入っているとのこと。聴いてみると確かに中域の厚みが印象的。サウンド全体には温かみもあり、音の輪郭はシャープでありながら、耳あたりは至って柔らか。質感の高さが光っていた。

ミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライド

ミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライド
ミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライドミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライドミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライドミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライドミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライドミニ・クロスオーバー(オーナー/最上謙二さん)by アークライド
もともとはハンドメイダーだったという最上さん。このクルマを買って、心機一転、プロショップを活用するようになり、以後、計4回におよぶシステムアップを経て、現在のユニット構成となったとのことだ。4回目となる今回のステップアップ(完成したのはイベントの3日前)では、スピーカー交換に着手。スーパーハイエンドブランド、ZRスピーカーラボのフラッグシップスピーカーが装着されることと相成った。ダイヤトーン・サウンドナビをメインユニットとし、パワーアンプにはモスコニを採用。サブウーファーにもダイヤトーンをチョイスしている。その音は、とにもかくにも密度感が素晴らしく、音色にはコクがあり深みもある。ハイレベルなサウンドを堪能できた。
《太田祥三》

特集

page top