カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI WAGON R STINGRAY(オーナー・笠原佑樹さん) by lc sound factory 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI WAGON R STINGRAY(オーナー・笠原佑樹さん) by lc sound factory 後編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI WAGON R STINGRAY(オーナー・笠原佑樹さん) by lc sound factory 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUZUKI WAGON R STINGRAY(オーナー・笠原佑樹さん) by lc sound factory 後編
  • 赤と黒の人工スエードを使った張り替え処理が美しいコクピットまわり。トータルコーディネートがピタリと決まっている。
  • アウター化されたドアバッフル。異形のバッフル形状はドアの純正形状に合わせた立体的なデザイン。赤の処理がアクセントとなる。
  • ドアは上部とバッフル周辺に赤を使い、他のパネル面は黒で張り替え。コントラストの効いたデザインで個性的に仕上げている。
  • Aピラーも赤の人工スエードを使って張り替え処理を施す。インテリアは赤と黒をテーマカラーに隅々まで統一されている。
  • 真っ赤なピラーにシルバーに輝くロックフォードT1のトゥイーターがアピール度満点。シンプル形状だが魅せる効果が高い手法。
  • グローブボックスにも赤とグレー系の人工スエードを使ってそっくり張り替え処理。コクピット全体のイメージを統一した。
  • CDヘッドとして使っているのがクラリオンのナビ。HIP-HOPの音源はiPadに収録し、プロセッサーに対しブルートゥース接続する。
ダッシュの上にぱっと広がる明快なステージングを求めたフロントまわり。ロックフォードT1をフロントスピーカーにチョイスしたワゴンRスティングレーは、栃木県のlc sound factoryによるインストールが施された。各部の張り替えなどカスタムレベルも高い。

◆赤と黒の内装デザインを
 ドアやダッシュにも踏襲

赤と黒の人工スエードを使った張り替え処理が美しいコクピットまわり。トータルコーディネートがピタリと決まっている。アウター化されたドアバッフル。異形のバッフル形状はドアの純正形状に合わせた立体的なデザイン。赤の処理がアクセントとなる。ドアは上部とバッフル周辺に赤を使い、他のパネル面は黒で張り替え。コントラストの効いたデザインで個性的に仕上げている。
ドアはもちろん、ダッシュやグローブボックスにいたるまで、人工スエードを使って張り替え処理が施されたワゴンRスティングレー。バッフルなどのオーディオ関連のインストールはプロに任せつつ、部分的なレザーの張り替えなどはハンドメイドでこなす。オーナーが思い描いた音とデザインを実現したインストールとなった。

普段良く聞く音楽はHIP-HOP。ライブの迫力を車内で再現するため、フロントウインドウの前で演奏しているようなリアルさを追求するのがオーナーの狙いとなった。そこでフロントスピーカーにチョイスしたのがロックフォードのT675-Sだ。ミッドバスはアウターバッフル化され、中低域の鳴りっぷりも絶好。厚みのあるサウンドを支える中心的ユニットとなっている。

ドアのデザインはこのクルマの内装におけるテーマカラーになっている赤と黒を使ったコーディネートが施される。中でも赤はオーナーのラッキーカラーで、野球(社会人野球で現役のピッチャーとして活躍中)のグローブも赤で統一するほどのこだわりぶり。思いのこもった内装が心地よいリスニング空間を創り出した。

◆グローブボックスの張り替えなど
 カスタム要素を随所に取り入れる

Aピラーも赤の人工スエードを使って張り替え処理を施す。インテリアは赤と黒をテーマカラーに隅々まで統一されている。真っ赤なピラーにシルバーに輝くロックフォードT1のトゥイーターがアピール度満点。シンプル形状だが魅せる効果が高い手法。グローブボックスにも赤とグレー系の人工スエードを使ってそっくり張り替え処理。コクピット全体のイメージを統一した。
Aピラーにはシンプルにトゥイーターをビルトインする。インストールスタイルはシンプルだが、鮮烈な赤の人工スエードを使って張り替えられたピラーに、ロックフォードのロゴが入ったトゥイーターリングがきらりと輝くスタイルはスタイリッシュそのもの。

グローブボックスの上部をグレー系、下部を赤で張り替えるなど鮮烈なコントラストを付け、ダッシュまわりのカスタムレベルは非常に高い。今後はダッシュにもレザー処理を加える予定で、ますます内装のカスタムは進化を続けていく予感。

もちろんサウンド的にも高い位置にトゥイーターを設置することで、確かで高い定位を手にい入れている。目の前に広がるステージングはオーナーが望んだ通りの仕上がりとなり、満足度の高いサウンドが完成した。

◆3SIXTY.3を中心にして
 多彩な音源を手軽にコントロール

CDヘッドとして使っているのがクラリオンのナビ。HIP-HOPの音源はiPadに収録し、プロセッサーに対しブルートゥース接続する。LEDの加工も多くをハンドメイドでこなす。ルームミラー部分にもLEDを使った加工を施し、コクピットのカスタム度を高めた。自身のラッキーカラーである赤を主体としたカスタムを実践する笠原さん。オーディオとカスタムの両面のレベルアップを目指す。
音楽ソースは主にiPadに保存したデジタル音源を、ブルートゥースを使ってワイヤレスで伝送。その音源をロックフォードのデジタルプロセッサーである3SIXTY.3で受けて楽しんでいるという。ダウンロードして録りためた多数のデジタル音源を手軽に楽しむには、手軽でコントロール性も良いこのシステムはオーナーもお気に入りだ。さらにJ-POPなどはCDでコレクションしている音源も多いのだが、こちらはクラリオンのナビで再生して、同じく3SIXTY.3を経由して再生するシステムとした。

内装には各部にハンドメイドによるLED処理などを加え、オーディオに加えてドレスアップ要素も数多く取り入れている。今後もますますカスタム度を高めていく予定だという内装、次なるインストールの進化が楽しみな一台だ。
《土田康弘》

特集

page top