サウンドステーション アンティフォン 松居 邦彦の『カーオーディオ そこんとこ、実際ど〜なのよ?』 #70: 2014年の終わりと2015年の始まりに寄せて… 後編 | Push on! Mycar-life

サウンドステーション アンティフォン 松居 邦彦の『カーオーディオ そこんとこ、実際ど〜なのよ?』 #70: 2014年の終わりと2015年の始まりに寄せて… 後編

昨年最後の当コーナーでは、松居さん流に2014年を振り返っていただいた。それに引き続き今回は、2015年の始まりに寄せる期待と豊富を綴っていただこうと思う。どのような機器の登場を願うのか、そして自身ではどのようなシステム構築を目指すのか…。じっくりとお読みいただきたい。

カーオーディオ 特集記事
サウンドステーション アンティフォン 松居 邦彦の『カーオーディオ そこんとこ、実際ど〜なのよ?』


昨年最後の当コーナーでは、松居さん流に2014年を振り返っていただいた。それに引き続き今回は、2015年の始まりに寄せる期待と豊富を綴っていただこうと思う。どのような機器の登場を願うのか、そして自身ではどのようなシステム構築を目指すのか…。じっくりとお読みいただきたい。

明けましておめでとうございます。今年も当コーナーをよろしくお願い致します。

さて、2015年。今年はどのような年になるだろうか。オーディオ界においては、昨年以上に画期的なこと、面白いことがあるよう願っている。アベノミクスで活性化する日本経済にあって、音響機器メーカーは「しょぼん」としたままだ。復活をかけて、革新的な商品を発売してほしいと切に思う。

ところで、先に開催されていた今年のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)のレビューでは、カーエレクトロニクスの話題が多く取り上げられていたように思う。それらは大抵、スマートフォンがウェアラブルな端末へと進化を遂げ、これらと自動車がコミュニケーションを取り合うことでホスピタリティを高めようとする仕組み、のようであった。

ぼくは常々、オーディオの性能もクルマの大切な性能の1つだと考えている。なのでスマートフォンとクルマが連携するテクノロジーよりも、カーオーディオの進化をもっとも期待している。

では、今1番欲しいと思っているプロダクトはどんなものなのかというと、ずばり、下記のようなメディアプレーヤーだ。このような機器を日本の音響メーカーが出してくれたなら、大いに活気づくと思うのだが…。

MP3からハイレゾ音源までを再生でき、ファイルを音楽性を含めて整理・仕分けでき、選曲においては気まぐれな思いつきにまでも完璧に対応してくれる…。このようなメディアプレーヤーを、今もっとも欲している。

音声認識にも対応してほしいと思う。聴きたい曲名を発話したらディスプレーにライブラリィを並べてくれる。もしその曲が取り込まれていなければ、ダウンロードサイトを検索してくれたり…。ここまでできたら完璧だ。

すべてのライブラリィの中から、その時間の「間」を分析して(時間、場所、天候、季節、などの情報を認識、分析して)空気を読み、その「間」に最適な曲をかけてくれてもいいと思う。

その選曲に対し「だめ」と言うと次を探す。このように、オーナーとコミュニケーションが取れても楽しい。傾向を学習し、音楽のソムリエとして成長してゆくのだ。自分で思いついたまま機械を操作し楽曲を組み合わせて聴くよりもセンス良く、思いもよらないほどの素敵な順に曲をチョイスしてくれるプレーヤー…。いかがだろうか。

来年のCESには、そんな製品が出品されたら良いのだが…。

自分自身の今年の抱負も述べておきたい。今年もデモカーのAUDIを進化させていきたいと思っている。昨年、当コーナーでも紹介させていただいたとおり、純正オーディオとハイエンドオーディオの融合・共存を進めている例のデモカーである。


サウンドステーション antiphon デモカー



今、新たなユニットの搭載を画策中だ。昨年末、audisonから発表された、『bit Play HD』だ。現状唯一のカー用ハイレゾ対応マルチメディアプレーヤーである。SSD内蔵のタイプが良いと思っている。

これがうまく行けば、ヘリックスのハイレゾ対応プロセッサーの導入も視野に入れている。使い勝手も含めて、どこまで進化させることができるか…。わくわくしている。

昨年末に当社で行ったイベントで受けた、スーパーアナログの衝撃は未だ大きく、スーパーアナログを聴いた時に体験した心拍数が上がるような感覚…。そんな感覚を味わえる音の再現を目指して、AUDIのシステムを発展させていきたいと思っている。

2015年も、音楽を存分に楽しみたいと思う。そして、それを再現するオーディオシステムの進化も、思い切り満喫したいと思っている。


サウンドステーション antiphon デモカーサウンドステーション antiphon デモカー


《松居邦彦》

特集

page top