【DIATONE DS-G20】実力はいかに!?プロショップに訊く! #4: PIT TWO | Push on! Mycar-life

【DIATONE DS-G20】実力はいかに!?プロショップに訊く! #4: PIT TWO

カーオーディオ 特集記事

【DIATONE DS-G20】実力はいかに!?プロショップに訊く!
  • 【DIATONE DS-G20】実力はいかに!?プロショップに訊く!

ウワサのダイヤトーンの新スピーカー、DS-G20について、各地の有力ショップに取材! 

その実力のほどを、プロの声から浮き彫りにしていこうとする当コーナー。4回目の今回は、北海道の有名店PIT TWOの佐藤マネージャーにお話をお聞きした。



ところで佐藤さんも、かねてからダイヤトーン・スピーカーを高評価している1人だ。まずはブランド全体に対する評価ポイントからお聞きした。



「DS-SA1、SA3に関しては、音色が特長だと思います。好きな音色傾向です。ホームオーディオのダイヤトーンの良さを、そのままカーオーディオの世界に持ち込んだスピーカーだと思います。ただ、それなりの技術を持って、そして手間をかけてインストールしないと、その良さを引き出すことができない。インストーラーの腕が試されるスピーカーです」



そして、GS-G50については…。




話題のニュー・スピーカーダイヤトーン・DS-G20の実力やいかに!? プロショップに訊く!! #4: <span>PIT TWO</span>




「価格も含めた総合力でいえば、むしろSA1、SA3より評価しているスピーカーです。ダイヤトーンらしさをしっかりと残しつつ、バランスがいい。トゥイーターとミッドベースのつながりがいいですし、低域の量感も十分あります。デッドニングをガチガチに行わなくてもある程度鳴ってくれますし、扱いやすい。多くのお客様におすすめしているスピーカーの1つですね」



さて、肝心のDS-G20についてはどのような印象をお持ちなのか…。



「最初に聴いたのはメーカーのデモカーでした。価格を聞いて、正直それほど期待をしていませんでした。G50の約2/5ですから。しかし聴いてみて驚きました。価格差ほどの違いは感じられなかったんです。音色傾向はG50と同様です。もちろんG50のほうが優れているのは確実です。パワー感、鳴りっぷりの良さが違いますね。しかし、この価格でこれだけ鳴るのなら十分だと思います。



ところで、ダイヤトーン・サウンドナビが出てから、カーオーディオファン、そしてダイヤトーンファンが増えているんですね。これをきっかけにカーオーディオを始められる方が増えてきました。さらに、どうせならスピーカーもダイヤトーンにしてみたい、とおっしゃるお客様も多いです。G20の登場により、その流れが加速していきそうな印象ですね。サウンドナビは入れたものの、スピーカー交換までは視野に入っていなかった方も、これなら使ってみようかな、と思わせる価格設定になっていますし、ほしいと思わせる製品だと思います」



実車に取り付けてみての印象はいかがだったのだろうか。



「ダッジ・ナイトロに取り付けさせていただきました。パッシブクロスオーバーを使ってバイアンプ接続で鳴らしています。お客様は、昔のホームオーディオでのダイヤトーンサウンドを知っていらっしゃる方なのですが、G20の音には、予想以上の満足感があったようです。エージングを進めていけば、もっと良くなりそうな予感があります。良いスピーカーだと思いますね」



最後に佐藤さんは、こう付け加えてくれた。



「最初は軽めのデッドニングで、工賃を抑えた形で取り付けてみる、ということで良いと思うんです。まずはスピーカーを交換していみる、ということを、このG20で体験していただきたいですね。大きな感動が得られると思います。そして、もしさらに興味がわいてきたら、しっかりとしたデッドニングを施したり、徐々にステップアップしていくと、さらに楽しめると思います」





これまで4回にわたってお贈りしてきた当連載を通し、DS-G20の良さをますますはっきりと感じ取ることができた。ポイントは『コストパフォーマンスの高さ』と、『取り扱いやすさ』、そして『初級者にうれしいダイヤトーンらしい音質性能』。この3点だろう。



そして、『カーオーディオ愛好家の裾野を広げる可能性を持った製品』というところも大きなポイントだ。今後の広まりに期待したい、大注目スピーカーであることは、間違いない。

《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top