【DIATONE】新開発振動板素材を搭載したDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する | Push on! Mycar-life

【DIATONE】新開発振動板素材を搭載したDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する

毎年20万人以上のギャラリーが訪れるドレスアップ & チューニング・モーターショーの祭典『オートメッセ』。例年と同じく南港インテックス大阪にて明日11日(建国記念の日)から3日間、華々しく開催される。

カーオーディオ 特集記事
【DIATONE】新開発振動板素材を搭載したDIATONE DS-G50登場!

毎年20万人以上のギャラリーが訪れるドレスアップ & チューニング・モーターショーの祭典『オートメッセ』。例年と同じく南港インテックス大阪にて明日11日(建国記念の日)から3日間、華々しく開催される。

国産・輸入車のドレスアップやチューニング、カスタムカーが数多く出展される中、"試聴体験できるカーオーディオゾーン"は6号Bホールで展開される。今週はオートメッセで初のお披露目となるダイヤトーンの最新デモカー、シビック・タイプRをレポートしよう。

ダイヤトーンから新しいスピーカーが発売される!そのニュースを知ったのが、昨年11月末頃と記憶している。カタログに目を通して新開発の振動素材を知り、その内容に感心が高まった。今回のオートメッセにて最新作DS-G50を搭載したデモカー、シビックの他、AVカンサイ、カーオーディオクラブ、ウイニングなど、全国に名を轟かす関西を代表するプロショップ有志面々がDS-G50スピーカーをバックアップ。オートメッセで試聴できることは本当に喜ばしく、多くのカーオーディオファン、ダイヤトーンファンにとっても良音が聴ける絶好のチャンスといえよう。


新開発振動板素材を搭載した注目のハイエンドスピーカーDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する



(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



新開発振動板素材を搭載した注目のハイエンドスピーカーDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する#1
新開発振動板素材を搭載した注目のハイエンドスピーカーDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する#2
新開発振動板素材を搭載した注目のハイエンドスピーカーDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する#3
新開発振動板素材を搭載した注目のハイエンドスピーカーDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する#4
新開発振動板素材を搭載した注目のハイエンドスピーカーDIATONE DS-G50登場! #3: 速報!ダイヤトーン最新デモカー試聴レポート DIATONE DS-G50を試聴する#5


さて、最新デモカーのシビック・タイプRの搭載システムを簡単にご説明したい。DS-G50を再生するシステムは2系統から成り、DA-PX1デジタルプロセスセンターをソースユニットとし、モスコニ(MOSCONI AS 100.4)のパワーアンプを経由後、付属のパッシブネットワーク交わして再生。もう一方はカロッツェリアDEH-P01をソースユニットに、へリックス A4 パワーアンプによるマルチドライブ構成だ。※写真/前席中央のボックスは2つのシステムを切換え試聴するためのセレクターである。

オートメッセ搬入日ということもあり、タイトなスケジュールであったが新しいDS-G50のサウンドを十分に堪能できる有意義なものであった。DS-SA1 & DS-SA3双方とは異なり、トゥイーターとウーファーの素材をNCVで統一。今までにないワイドレンジ且つナチュラルな質感が印象的である。リニアに伸びる超高域、締まった低域など、総じて音離れが良い。高い内部損失を誇る高音質素材NCV(ナノ・カーボナイズド・ハイ・ベロシティ)を開発するだけあってダイヤトーンの意気込みが感じられる。DS-G50のデモカーサウンドを出向いて是非、聴いて確かめてほしい。

《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top