2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート #3: Mycar-life登録店エントリー車両#2 1枚目の写真・画像 | Push on! Mycar-life

2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート #3: Mycar-life登録店エントリー車両#2 1枚目の写真・画像

#3: Mycar-life登録店エントリー車両#2TOYOTA プリウス 出本幸久さん by カーオーディオスタジアム(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)大阪府のカーオーディオスタジアムからプレミアコースにエントリーした出本さんのプリウス。MM-1D SunriseからAZ-1CCに接続され、R107S BS01を5機使ってエンクロージャーに収められたC-50/130II Sunrise+C-180II Sunriseをドライブするシステム。しっとりとした艶を持ち、エンクロージャー特有のスピード感と解像度を有している。立ち上がりの鋭さから消えていく余韻まで音楽の全てを堪能できる上質な再生力を持ったクルマであった。ページ先頭にもどるLAND ROVER Evoque フジさん by スーパーオートバックス浜松Beach Pine(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)静岡県のSuperAutobacs浜松 BeachPineからプレミアコースにエントリーしたフジさんのイヴォーグ。ソースユニットはBEWITH最高峰のコンビ、MM-1D Sunrise+AZ-1 CC Sunriseで、パワーアンプにはA-110S BS01 Ltdを6機使いConfidenseII SunriseとC-180II Sunrise2発を駆動するシステムで、トゥイーターは純正スコーカー位置に埋め込み、ミッドバスはデザインされたエンクロージャーに収められる。少し厚めに盛り上がる中低域は適度な解像感を持って目の前に広がり自然なステージが出来上がっているクルマであった。ページ先頭にもどるLEXUS GS300h 多胡勝明さん by カーブティック ボーン・トゥ・ラン(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)滋賀県のボーントゥランからプレミアコースにエントリーして惜しくも2位となった多胡さんのGS300h。MM-1D Sunrise+AZ-1 CC Sunriseで、パワーアンプにはA-110S BS01 Ltdを5機使いConfidenseII SunriseとC-180II Sunriseを駆動するシステムとなっている。とにかく土台がしっかりとした音でサブウーファーの使い方が絶妙。低域からしっかりと支えられて高域まで伸び伸びと生々しく艶やかに再生され、ぶれない定位、奥行き十分の立体的なステージが出来上がっていて空間を彩っている。同ブランドが提唱するHi-Fiオーディオを具現化されたクルマであった。ページ先頭にもどるVW GOLF トゥーラン 平山宗昭さん by オートブラスト(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)埼玉県のオートブラストからブラックコースにエントリーした平山さんのトゥーラン。ソースユニットはMM-1DでBEWITHSTATEへダイレクトに接続。ミラー横とドアにはエンクロージャーでConfidence II Sunriseを装着するフロント2wayシステム。ラゲッジ下部のスペースにReference R-107S BS01 Limitedが4機収められている。サブウーファー無しのシステムなので低域に不安があると思いきや、しっかりとミッドバスを鳴らし切ることでメリハリの効いたスピード感溢れるサウンドが展開され、リスナーに熱く訴えかけてくる情熱を感じるクルマであった。ページ先頭にもどるAudi A5 Coupe 佐久間和彦さん by Proshop vogue(ヴォーグ)(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)千葉県のヴォーグからゴールドコースにエントリーした佐久間さんのA5クーペ。ソースユニットはMM-1DからAZ-2に接続され、A-110S’09を5機使用してエンクロージャーに収められたConfidenceIISunriseの2+1システムを再生する。優れたトーンバランスを作るヴォーグの音響調整は当然の事、中低域に厚みと粘りのあるストロングなサウンドで、その強さは嫌みや誇張無く音楽を豊かに再現してくれる。正確さと華やかさを合わせ持つ感情豊かなクルマであった。ページ先頭にもどる

カーオーディオ 特集記事
2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート
2014年BEWITHユーザーの祭典::ビーウィズサウンドカップレポート
page top