メルセデスベンツ版「カングー」、『シタン』新型にEV…今春欧州発売へ | Push on! Mycar-life

メルセデスベンツ版「カングー」、『シタン』新型にEV…今春欧州発売へ

◆1回の充電での航続は最大285km ◆急速充電ではバッテリー容量の8割を40分で充電可能 ◆SクラスやCクラス譲りの先進運転支援システム

自動車 ニュース
メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン
  • メルセデスベンツ eシタン

メルセデスベンツは、2023年第1四半期(1~3月)に、新型『シタン』のEV『eシタン』(Mercedes-Benz eCitan)を欧州市場で発売する。メルセデスベンツが1月10日に発表した。

メルセデスベンツとルノーの提携効果を生かし、ルノーのLCV、『カングー』をベースに開発されたのが、シタンだ。新型は2世代目モデル。メルセデスベンツは、新型にEV版のeシタンを設定することにより、『eヴィトー』や『eスプリンター』に続いて、電動商用車のラインナップを拡大する。シタンにEVが設定されるのは、今回が初めてとなる。

◆1回の充電での航続は最大285km

eシタンの電気モーターは、最大出力102hp、最大トルク25kgmを発生し、前輪を駆動する。停止状態から強力な加速が得られるという。最高速は130km/hとした。リチウムイオンバッテリーは、リアアクスル前部の床下に配置されており、万一の衝突時にはバッテリーを保護する。

リチウムイオンバッテリーは8つのバッテリーモジュールで構成されており、蓄電容量は44kWhとした。1回の充電での航続は、WLTPサイクルで最大およそ285kmに到達すると見込んでいる。

メルセデスベンツは285kmの航続を念頭に置いて、eシタンを都心部で宅配便や配達サービスを行う商用ユーザーのニーズに対応させる。荷室の寸法や積載量などに関しては、内燃エンジンを搭載する新型シタンと同等という。 eシタンではトレーラーカップリングもオプションで選択できる。eシタンには複数のボディバリエーションが用意される予定だ。

◆急速充電ではバッテリー容量の8割を40分で充電可能

eシタンでは、複数の走行モードが切り替えられる。中でも、航続を重視したのが、「エコモード」になる。また、回生ブレーキのレベルは、3段階で調整できる。

車載充電器は、会社や自宅、公共の充電ステーションにおいて、出力11kW(オプションで出力22kW)の交流(AC)で充電できる。メルセデスベンツの純正ウォールボックスを使用すると、家庭用コンセントを使用するよりも速く充電できる。

直流(DC)による急速充電ステーションでは、最大出力75kWで充電できる。この場合、バッテリーの容量の80%を充電するのに、およそ40分かかる見通しだ。AC充電とDC充電の両方に対応するために、オプションで「CCSコンバインドコネクタ」が選択できる。これは、フロントグリルのメルセデスベンツのスリー・ポインテッド・スターの下に配置されている。

◆SクラスやCクラス譲りの先進運転支援システム

最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する。レーダーと超音波センサー、カメラによって構成されている新型シタンの先進運転支援システムと駐車システムは、車両の周囲をモニターし、必要に応じて警告を発したり、介入したりして、ドライバーを支援する。メルセデスベンツ『Cクラス』新型や『Sクラス』新型と同様に、「アクティブレーンキーピングアシスト」はステアリング操作の支援を行う。

「ヒルスタートアシスト」、「クロスウィンドアシスト」、疲労警告システムの「ATTENTION ASSIST」、メルセデスベンツ緊急通報システムが標準装備される。ヒルスタートアシストやクロスウィンドアシストはESP同様、ユーザーが最初はほとんど気付かないスムーズな介入が特長になる、としている。

《森脇稔》

特集

page top