プロに直撃! カーオーディオ・ユニットの“取り付け”にまつわる疑問を、すべて解決! Part4「ツイーターの取り付けについて」 | Push on! Mycar-life

プロに直撃! カーオーディオ・ユニットの“取り付け”にまつわる疑問を、すべて解決! Part4「ツイーターの取り付けについて」

カーオーディオシステムをバージョンアップさせようとするとき、製品を購入しさらにそれを車両に取り付けなければ音は出せない。そして、その取り付け作業にどのくらいの費用がかかるのか、そこのところに不安を抱くドライバーは少なくないようだ。

カーオーディオ 特集記事
ツイーターの取り付け例(製作ショップ:サウンドエボリューション ログオン<千葉県>)。
  • ツイーターの取り付け例(製作ショップ:サウンドエボリューション ログオン<千葉県>)。
  • “サウンドエボリューション ログオン”の試聴用機材。
  • ツイーターの取り付け例(製作ショップ:サウンドエボリューション ログオン<千葉県>)。

カーオーディオシステムをバージョンアップさせようとするとき、製品を購入しさらにそれを車両に取り付けなければ音は出せない。そして、その取り付け作業にどのくらいの費用がかかるのか、そこのところに不安を抱くドライバーは少なくないようだ。

当特集は、その不安の解消を目指し展開している。毎回全国の有名カーオーディオ・プロショップに取材し、取り付け作業の内容と費用のメドをリポートしている。今回は千葉県流山市の人気店、“サウンドエボリューション ログオン”に協力を要請した。テーマは「ツイーターの取り付け」だ。さて、その話の中身とは…。

基本的にツイーターの取り付け工賃は、スピーカーの取り付け工賃に含まれる!?

“サウンドエボリューション ログオン”の代表を務める小溝さんにまず、ツイーターの取り付けに関する料金設定について教えてもらった。

「基本的にツイーターの取り付け工賃は、セパレート2ウェイスピーカーの取り付け工賃の中に含まれています。特別な加工が必要なければ、ツイーターの取り付け工賃は発生しません。例えば当店ではスピーカーのセットプランを多数ご用意していますが、そのセット価格の内訳表にもツイーターの取り付け代という項目はありません。

ただし大幅な加工が必要となる場合は、別途費用が必要となります。とはいえ、以下のようなケースでは、追加料金はいただいておりません。ツイーターを純正位置に取り付けたいとご希望される場合、純正位置に収めるためのステーを付属しているモデルはほとんどないのでステーをワンオフしなくてはならないのですが、当店ではステーを作るための“型”を車体メーカーごとで用意してあり、それにて製作するステーが使用できる場合には別途料金は発生しません。

一方、純正位置のスペースを広げなければならない場合には、そこそこ多くのコストがかかります。特に純正位置がダッシュボードの左右の奥の場合、その場所を拡大するためにはフロントガラスやダッシュボードを一旦外す必要があったりします。

なのでそのようなケースでは、他のモデルをお選びいただくか取り付け場所を変えるかした方が良いと思います。その方が現実的です。そのような大掛かりな作業になる割には、場所的に音的には不利ですし、得策とは思えません」

“サウンドエボリューション ログオン”の試聴用機材。“サウンドエボリューション ログオン”の試聴用機材。

取り付け費用を抑えたい場合には、マウントが付属しているモデルが狙い目!?

ツイーターの取り付け方としてはもう1つ、ダッシュボードの上にポンと置くようにして固定する方法もある。このやり方を選択した場合には、別途費用は発生するのだろうか。

「ダッシュボードの上に置くためのマウントが同梱されているモデルでは、それを使用するのであれば別途料金は発生しません。セパレート2ウェイスピーカーの基本の取り付け費用の中でインストールを完了できます。

なお、マウントが同梱されていないモデルでこの取り付け方をご希望される場合には、マウントをワンオフしなくてはなりませんから別途料金をいただいています。ちなみにマウントのワンオフ加工も案外コストがかかります。ですので、この方法もあまり現実的ではありません。それならば、Aピラーやドアミラー裏に埋め込む取り付け方を選ばれた方が良いと思います。音的にもメリットがありますし、費用的にもむしろお安く済むかもしれません。

ダッシュボードの上に置く取り付け方の最大の利点は、取り付け費用が少なくて済むことです。でもその利点が発揮されるのは、マウントが付属しているモデルに限ります。

なお当店ではご試聴いただけるスピーカーを計24機種ご用意していますが、商談の際にはそれぞれについて、純正位置に収められるか、ダッシュボードの上にポンと置けるマウントが付属されているか等々、取り付け性についてもご説明させていただいています。スピーカーをお選びいただく際には音が気に入るかどうかがもっとも重要ですが、取り付け性が高いか否かも勘案すべきポイントの1つになり得ます。

ご予算を有効にお使いいただきたいと思っています。取り付け性が高いモデルならご予算を製品代に割り当てられます。そこのところはチェックされた方が良いと思います」

ツイーターの取り付け例(製作ショップ:サウンドエボリューション ログオン<千葉県>)。ツイーターの取り付け例(製作ショップ:サウンドエボリューション ログオン<千葉県>)。

埋め込み加工をするなら、ドアミラー裏がお薦め。総合的にメリット多し!

続いては、Aピラーやドアミラー裏への埋め込み加工について教えてもらった。

「それらに関しては、別途費用が発生します。車種によって状況が異なる部分もあり費用が変わる場合がありますが、当店での基本料金は以下のとおりです。Aピラーへの埋め込み加工が4万8000円から(左右、税抜)で、ドアミラー裏への埋め込み加工が3万8000円から(左右、税抜)とさせていただいています。

ちなみに、埋め込み加工を行う場合の作業手順はざっと以下のとおりです。内張りパネルに穴を開け、ツイーターの土台となるリングをそこにはめ込みパテを使って成形します。そして最後、塗装もしくは生地を貼って仕上げます。なお当店では、仕上げ方が変わっても基本的に料金は同一です。

仕上げ方の当店でのお薦めは、“フロッキー塗装”です。生地を貼る場合には、後々シワがよりにくい形で仕上げる必要がありますが、塗装ではその必要はありません。音のことを優先して形を決められます。このことはお客様にとってのメリットになると思います。ちなみにフロッキー塗装とは、自動車メーカーでも採用されているいわゆる“植毛塗装”のことを指します。質感も良好で、太陽光による日焼けの影響も受けにくく耐久性も高いです」

ところで、Aピラーとドアミラー裏とではどちらが良いのだろうか。

「音的な利点が大きいのは、ドアミラー裏だと考えています。どちらも角度を自由に決められることや確実に固定できるという利点を発揮しますし、Aピラーには高さを稼げるという利点がありますが、ドアミラー裏はミッドウーファーとタテの位置関係を揃えられること、サウンドステージの左右の幅を出しやすいこと、これらメリットが得られます。また加工範囲が狭いので費用も少なくて済みます。あとAピラーは視界確保に影響が出る場合がある等、自動車メーカーが定めた安全性に影響する可能性もあり得ます。さらにはドアミラー裏の場合は、リセール時に元に戻す費用が少なくて済みます。総合的に考えてドアミラー裏の方が装着場所としてベターです。

ご来店いただけましたら、もろもろをさらに詳しくご説明いたします。ぜひお気軽にお越しください」

《太田祥三》

特集

関連ニュース

page top