car audio newcomer! マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編

姉がインストールをお願いしていた広島県のWarpsを紹介されてオーディオプロショップを初体験した花木さん。愛車のアテンザセダンで大好きなメタルコアを迫力満点に聴けるスピーカーを試聴を通じて選び出し充実のオーディオライフがスタートした。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編
  • car audio newcomer!  マツダ アテンザセダン(オーナー:花木真那斗さん) by  Warps 前編

姉がインストールをお願いしていた広島県のWarpsを紹介されてオーディオプロショップを初体験した花木さん。愛車のアテンザセダンで大好きなメタルコアを迫力満点に聴けるスピーカーを試聴を通じて選び出し充実のオーディオライフがスタートした。

爆音でメタルコアを思う存分聴くために
誰にも迷惑を掛けないカーオーディオを選ぶ

子供の頃から音楽好きで高校生の頃にはすでに自宅にホームオーディオを持っていたオーナーの花木さん。主に聴いているのはヘヴィメタルで、中でもよりハードなメタルコアを好んで聴いている。

しかし自宅のホームオーディオでメタルコアを爆音で聴いているとたびたび家族から苦情がきたとか。音楽を聴いててノッてくると、ついついボリュームも上げがちで結果的には爆音になっていることも多かったという。なかなか思うように音楽を楽しめない環境で悶々としていた花木さんだったが、クルマの免許を取ると思い立ったのは「思う存分音楽を聴くためには、クルマの中で聴けば良いのでは? これなら爆音にしても誰にも怒られないはず」と考えカーオーディオに興味を持つようになっていったのだった。

まずはクルマを手に入れることからはじめた花木さん。しかし当初の目的通りオーディオ環境を気にしたクルマ選びを実施する。

「アテンザセダンを探していたんですが、マツダコネクトは社外のナビに交換するのが難しいとまわりからも聞いていました。そこでナビの交換を前提としてマツコネが外しやすい年式をあえて探しました。そうして手に入れたのが今のクルマなんです」

マツコネを外してナビを社外のモデルに交換すればある程度良い音になると思っていたオーナー。詳しい知識はまだ無かったが自分なりにオーディオのグレードアップを考えていた。

姉に誘われてプロショップに行くと
音楽の趣味に合うスピーカーが用意されていた

しかし本格的にカーオーディオの導入を考えるようになったのは花木さんの姉の存在が大きかったという。

「姉がワープスでオーディオをインストールしていて、カーオーディオの話はいろいろ聞かされていたんです。それもあったプロショップでオーディオをインストールする方法があることも知りました。あるとき姉がワープスに連れて行ってくれたんです。それがきっかけになってオーディオのインストールを本気で考えるようになりました」

実は花木さんはお姉さんにワープスに行くことを誘われてから、ある程度の事前知識をインプットするため、自分でもカーオーディオのことをWebで調べ、システムのことやユニットなどの基礎知識を収集していった。そして、来店するとすぐにショップとオーディオの相談を開始する。

「ショップの雰囲気はとても話しやすくで楽しいところでした。ちょっと人見知りなんですが、取っつきやすくすぐになじめるショップだな~と思いました」

その中で、まずはスピーカー交換からはじめることにする。

「ショップに行ったらデモボードにいろいろなスピーカーが入っていて、聴き比べられる状態だったんです。実は姉が事前に僕の聴く音楽などの情報をショップに伝えていみたいなんです。ヘヴィメタルが好きなこととか自宅での音楽の聴き方も含めて」

お姉さんが事前情報を聞いたワープスでは、花木さんのいつも聴いている音楽ジャンルや聴き方にフィットするスピーカーをあらかじめ選んでセッティングしていたのだった。

「実際に聴いてみるとどのスピーカーもハードな曲調に合う感じがして、どれも好みのサウンドだと感じました。でもいくつか聴いていると気に入ったのがあって、それがヴァイブ オーディオでした。それで、このスピーカーに交換することを決めました」

スピーカー交換による音の進化を体感するが
身体に感じる低音が欲しくなり進化を開始

チョイスしたスピーカーはヴァイブ オーディオのBLACK DEATH 6C-V6。16.5cmのセパレート2ウェイでパワフルなサウンドが身上のモデル。早速愛車へのインストールを実施して、試聴してみるとオーナーの満足度も高く、車内がお気に入りのリスニングスペースになった。

「スピーカーはスゴく音が良くって、取り付けてから半年ぐらいは毎日聴いていました。純正とはまったく違うサウンドで、好きなヘヴィメタルも気持ち良く再生してくれます。オーディオインストールを良さをスゴく感じました」

そんな感動のファーストインプレッションは半年以上続いたが、徐々に次なるステップが見えてきた。

「スゴく良い音なんですがしばらく聴いていると、ちょっともの足りなくなってきたんです。もっと迫力が欲しいなー、音圧がグッと来る感じがもっとあれば良いな~と感じてきました。それでショップとシステムアップの相談をはじめました」

ショップとの相談の中で出てきたのがサブウーファーの追加だった。

「でも手持ちの資金が無くってすぐにはシステムアップができませんでした。まずは半年ぐらい掛けてサブウーファーの予算を貯める計画を立てました。その間に時間があったのでいろいろとプランして、どんなサブウーファーを組むかを考えていました。とにかくブンブン鳴る迫力満点の低音が欲しかったんです。低音がスゴく好きなのでここで妥協はしたくなかったんです」

こうして半年程度の準備期間に花木さんのサブウーファーへの思いはますます膨らんでいった。もっと低音の迫力が欲しい、音圧を身体で感じたい、そんな思いがシステムアップのプランに影響を与えていった。後編では思い描いたサブウーファーを導入してサウンドを一変させるシステムアップについて紹介しよう。

《土田康弘》

特集

関連ニュース

page top