car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編 | Push on! Mycar-life

car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編

モトクロッサーのトランポとして導入を決めたハイラックスだったが、オーディオに魅了されスピーカーやサブウーファー、パワーアンプの導入を決めたオーナーの酒主さん。栃木県のlc sound factoryとの綿密な打ち合わせで納得のプランを作り上げて行った。

カーオーディオ 特集記事
car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編
  • car audio newcomer! トヨタ ハイラックス(オーナー・酒主裕司さん) by lc sound factory 前編

モトクロッサーのトランポとして導入を決めたハイラックスだったが、オーディオに魅了されスピーカーやサブウーファー、パワーアンプの導入を決めたオーナーの酒主さん。栃木県のlc sound factoryとの綿密な打ち合わせで納得のプランを作り上げて行った。

マイカーの購入をきっかけに
オーディオのプランを実行に移す

バイクのトランスポーターとして買ったハイラックス。以前からピックアップに憧れがあったオーナー、購入後はオーディオのインストールにも注力して、初のマイカーをトコトン楽しんでいる最中だ。

「ハイラックスはデザインも好きだったし、モトクロッサーを積んでコースに出かけるのを目的に買ったんです。でも、今ではすっかりオーディオカーになっていますけどね」。

きっかけはオーディオ好きの友人だった。彼のクルマにサブウーファーが設置されていたり、フロントスピーカーがアウターバッフルになっているなど、レベルの高いインストールが施されていたのを見て影響を受けたオーナー。クルマを購入する前から“クルマを買ったらオーディオをやりたい”と思っていたという。そしてハイラックスの購入時には迷わず“オーディレス仕様”を選んで、アフターでのオーディオインストールを計画した。

「その友人がLCサウンドファクトリーの客だったのもあって、ショップを紹介してもらったんです。どうしてもオーディオが取り付けたくて、クルマの購入前からウズウズしてました。もちろん純正オーディオじゃ満足できないと思ったので、オーディレス車を買ってプロショップでインストールしてもらうことが前提でした」。

最初にフロントスピーカー強化を計画
新登場したJLオーディオのC7に決定

ハイラックスの購入を決めた時点ですぐにショップに行ったオーナー。納車前だがシステムのプランなどを早くもはじめている。

「ショップにはクルマが納車される前に行きました。音楽好きですがオーディオのことはほとんど知らなかったんです。どんなオーディオユニットを付けたら良いのか、ブランドはどんなのがあるのかなど、ショップでいろいろ教えてもらいました。何度かショップに行って相談している中から、フロント2ウェイ+パワードサブウーファーというシステムを組むことが決まりました。“まずはきっちりフロントスピーカーを鳴らしましょう”というショップからのアドバイスもあってインストールの方向性が決まりました」。

そしてセレクトしたフロントスピーカーは当時発売されたばかりだったJLオーディオのC7シリーズ。C7-100ctとC7-650cwの2ウェイを組み合わせてフロントまわりを構築することになった。

「オーディオを教えてもらった友人のクルマにはロックフォードが付いていたので、自分のクルマは別のブランドのユニットが欲しいと考えました。いくつか候補はあったのですが、ショップで“もうすぐ新しいスピーカーが出るよ”と紹介されたのがJLオーディオのC7でした。新しいユニットだし、まだ他に誰も付けていないのも魅力でした。またデザイン的にもグリルの形状もすごくかっこいいし、ブランドイメージも良かったので決めました。新製品だったのもあって試聴もせずにイメージだけで買いました」。

フロントスピーカーの取り付けにこだわり
他のオーディオカーを参考にプランを練る

取り付けるユニットが決まったら次はインストールの打ち合わせが始まる。

「クルマのノーマル部分を極力無くしていきたいと思っていたんです。デザイン面でもサウンド面でも、すべてに渡って自分だけのクルマに仕上げてきたいと思っていました。なのでオーディオの取り付けも手を加えていきたいと思いました。初めてのマイカーでもあるしノーマルのままで乗る気は一切ありませんでした」。

こうして、フロントスピーカーの取り付けにも徹底してこだわることとなる。もちろん取り付けはアウターバッフルとした。デザインは印象的なグリルをうまく使った処理とした。さらにグリーンのイルミを使ってユニットを光らせる演出も込めた。

「取り付けのデザインを決めるためにショップには何度も通いました。その都度いろいろショップのスタッフと考えて、このスタイルを決めていったんです。その際インストールのヒントにするため、他のクルマを見て参考にしました。他のクルマはどんな作りなのか、取り付けのスタイルってどんなものがあるのかなど、いろいろと見ました。取り付けスタイルが決まっていったのは、そんな参考例を数多く見たことも効果的だったと思っています」。

ユニット選びからインストールの方法など、ひとつひとつを納得しながらプランを進めていくオーナー。ショップとの綿密な打ち合わせでいろいろなアイデアが浮かんで、ますますインストールプランの完成度が上がっていった。次回の後編ではフロントスピーカーに合わせて選んだサブウーファーやパワーアンプや、車内のインストールについて紹介していくこととしよう。

《土田康弘》

特集

page top