【メルセデスベンツ Aクラス 新型試乗】まだまだ私は、MBUXと意思の疎通ができていない…岩貞るみこ | Push on! Mycar-life

【メルセデスベンツ Aクラス 新型試乗】まだまだ私は、MBUXと意思の疎通ができていない…岩貞るみこ

◆ターゲットは若い。ゆえに、硬い。 ◆気持ちはありがたいけれど… ◆MBUXとわかりあうためには

自動車 試乗記
メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • メルセデスベンツ Aクラス 新型(A180 スタイル AMGライン装着車)
  • 岩貞るみこ氏

ターゲットは若い。ゆえに、硬い。

メルセデスベンツのエントリーモデルである『Aクラス』。ターゲットとする年齢層は若く、ゆえに求められる走りもシャープでスポーティなものである。

そして、私がターゲットからはずれたアラフィーであることを痛感させられるのは、そのサスペンションの硬さだ。硬い。特に、後ろ足。

今回は、「A180 スタイル」と、それにAMGパッケージをほどこしたAMGライン装着車に試乗させていただいた。AMGラインは、エンジンなどは変わらないものの、タイヤが16インチから18インチへとサイズアップされている。

となると、もちろん、18インチになると硬さが際立つ。16インチですら硬いと感じたサスペンションが、高速道路のつなぎめを超えたとき、体(の骨?)につたわる振動の硬質さにさらにエッジがきいてくる。

ただ、そこはやはりメルセデス。硬くても車両全体へのぶれはなく、ただ硬い。これがスポーティですよ、若さですよと言われれば、ああ、そうですねえと、若かりし日を思い出して遠い目になるばかりである。

気持ちはありがたいけれど…


さて、今回の目玉は「MBUX」こと、Mercedes Benz User Experience。「Hi, Mercedes」と話しかけると、あれこれしてくれるシステムである。起動するキーワードは「Hi, Mercedes」のはずなのに、同乗者との会話のなかに「Mercedes」という単語が出てくると、ときどき反応したりする。どうも、MBUXは仕事熱心なようだ。

電話をつないだり、話し相手(?)になってくれたりとあれこれしてくれるとはいえ、カーナビに対しては目的地入力くらいしかしてくれない。私がいつも運転中に頻繁に使う、拡大と縮小については知らんふりだ(設定されていない)。それとは知らず、しつこく「地図を拡大して!」と言い続けると、困ったように悩んだあと「エアコンを最大にします」と答えて、いきなり、ごーっとエアコンから暖かい風を送り込んでくる。

いや、違うってば。気持ちはありがたいけれど、わからないなら、おとなしくしていようよ? 高速走行中に温風を勢いよくあてられて慌てる始末である。

MBUXとわかりあうためには


目的地の神奈川県某市の気象情報を聞いても、なぜか青森県の地名を表示するし、まだまだ私は、MBUXとは意思の疎通ができていない。確かに、人と話をするときも、共通の経験がないと会話って続かないものだよね。共通の認識がなければ、言葉を端折ると会話も成立しないし。

「僕はキツネが食べたいな」
「私はタヌキのほうが美味しくて好き」

日本語を覚えたての外国人が、いきなりこの会話を聞いたらびっくりするだろう。けれど、これが、蕎麦屋さんでの会話なら、意味は正しく理解される。共通の経験と認識ってそういうもの。

MBUXも、使ううちに学習してくれる。やはりわかりあうには、マイカーとして使いこなすしかないんだろうな。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、ノンフィクション作家として子どもたちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。

《岩貞るみこ》

特集

page top