カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA STREAM(オーナー・鈴木(コロ助)さん) by Warps 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! HONDA STREAM(オーナー・鈴木(コロ助)さん) by Warps 後編

グラウンドゼロのユニット群を使ってラゲッジ、さらにはフロントステージのカスタムを作り上げた鈴木さんのストリーム。後編の今回は広島県のWarpsが持てるアイデアを駆使してインストールしたフロントステージについて紹介していくこととしよう。

カーオーディオ 特集記事
カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  HONDA STREAM(オーナー・鈴木(コロ助)さん) by Warps 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!!  HONDA STREAM(オーナー・鈴木(コロ助)さん) by Warps 後編
  • 足まわりにもこだわるストリーム。徐々にオーディオインストールの面白さにはまり現在では完全なオーディオカーに進化した。
  • フロントスピーカーにはグラウンドゼロのGZNC1650SQ-LTDをチョイス。ミッドバスはドアにアウターバッフル化して取り付けられる。
  • ドア中央のパネルもドアカスタムの見どころ。積層構造にしたパネルは複数の素材を組み合わせて製作された手の込んだカスタム。
  • グラウンドゼロのトゥイーターはAピラーにビルトイン設置される。サウンド面はもちろんデザイン面にも考慮した取り付けが見どころ。
  • 左側のAピラーはこのようにモールを1本設置するデザイン。トゥイーターの周囲も大きく凹凸を設けてデザイン処理も派手。
  • 右側のAピラーにはモールが2本設置されているのがわかる。左右を別々でデザインする手法もWarpsならではのカスタムだ。
  • コクピット全体の要所要所にオレンジを使って、インテリア全体のカラーコーディネートにまとまり感を出しているのがわかる。
グラウンドゼロのユニット群を使ってラゲッジ、さらにはフロントステージのカスタムを作り上げた鈴木さんのストリーム。後編の今回は広島県のWarpsが持てるアイデアを駆使してインストールしたフロントステージについて紹介していくこととしよう。

◆オレンジ×ブラックで決めるドアのカスタムデザインに注目

足まわりにもこだわるストリーム。徐々にオーディオインストールの面白さにはまり現在では完全なオーディオカーに進化した。

《足まわりにもこだわるストリーム。徐々にオーディオインストールの面白さにはまり現在では完全なオーディオカーに進化した。》

フロントスピーカーにはグラウンドゼロのGZNC1650SQ-LTDをチョイス。ミッドバスはドアにアウターバッフル化して取り付けられる。

《フロントスピーカーにはグラウンドゼロのGZNC1650SQ-LTDをチョイス。ミッドバスはドアにアウターバッフル化して取り付けられる。》

ドア中央のパネルもドアカスタムの見どころ。積層構造にしたパネルは複数の素材を組み合わせて製作された手の込んだカスタム。

《ドア中央のパネルもドアカスタムの見どころ。積層構造にしたパネルは複数の素材を組み合わせて製作された手の込んだカスタム。》

限られたスペースに大胆でデザイン性豊かなカスタムを施したラゲッジルームはオーナーのお気に入り。そんなカスタムを負けず劣らず素晴らしい仕上がりを見せているのがコクピットまわりだ。

フロントスピーカーに選んだのはグラウンドゼロのGZNC1650SQ-LTD。このスピーカーをチョイスした当時は、まわりに同ブランドをインストールしているクルマが少なかったこともあって決定。デザイン的にもオレンジの内装カスタムとブラックの振動板のコントラストが見事に決まるスピーカーチョイスとなった。

注目したいのはドアのミッドバス。アウターバッフル化されグリル部分にはオレンジ色を使ったデザイン処理を施す。スピーカー周囲にはLEDイルミを配してコーン面をオレンジ光で照らし出すのも狙い通り。ドア内張りの形状は純正を尊重して、ドアポケットを残してデザインする。違和感なくドアにスピーカーが融合する大人のデザインを作り上げた。そしてドアのもう一つのアイキャッチとなるのがドア中央部のカスタム。ドア形状に合わせるようにデザインされたパネルはオレンジ+カーボン+モールディングを使った積層構造。奥行きのあるデザインでドアを盛り上げている。

◆左右のデザインを個性化するAピラーのカスタム処理が見どころ

グラウンドゼロのトゥイーターはAピラーにビルトイン設置される。サウンド面はもちろんデザイン面にも考慮した取り付けが見どころ。

《グラウンドゼロのトゥイーターはAピラーにビルトイン設置される。サウンド面はもちろんデザイン面にも考慮した取り付けが見どころ。》

左側のAピラーはこのようにモールを1本設置するデザイン。トゥイーターの周囲も大きく凹凸を設けてデザイン処理も派手。

《左側のAピラーはこのようにモールを1本設置するデザイン。トゥイーターの周囲も大きく凹凸を設けてデザイン処理も派手。》

右側のAピラーにはモールが2本設置されているのがわかる。左右を別々でデザインする手法もWarpsならではのカスタムだ。

《右側のAピラーにはモールが2本設置されているのがわかる。左右を別々でデザインする手法もWarpsならではのカスタムだ。》

フロントスピーカーとしてチョイスしたグラウンドゼロのトゥイーターはAピラーにビルトインされている。しかもAピラーの形状もワンオフしてデザイン処理しているのも見どころ。ピラーにはインテリアのイメージカラーにもなっているオレンジの人工スエードを使って処理。トゥイーターの周囲は反響を抑えるエグリ処理を加えるなど、音響特性を整えつつ、デザイン性も高める造形が施されている。

さらに注目したいのは左右非対称のデザイン処理。Warpsでは複数のクルマで実践しているカスタム手法で、左右のトゥイーターまわりのカスタム処理を統一せず、それぞれのデザインを完成させているのだ。ストリームも右ピラーには2本のモールディングを施したスマートなデザインとするのに対して、左ピラーは1本のモールディングで凹凸の強いデザインを施している。コクピットのイメージを大きく左右するAピラーのデザインに徹底してこだわっているのもこのクルマの見どころのひとつだ。

◆コンソール下部にワンオフしたヘッドユニットスペースがお気に入り

コクピット全体の要所要所にオレンジを使って、インテリア全体のカラーコーディネートにまとまり感を出しているのがわかる。

《コクピット全体の要所要所にオレンジを使って、インテリア全体のカラーコーディネートにまとまり感を出しているのがわかる。》

セントな-コンソールの下部にはヘッドユニットを設置するスペースを増設。ここにもオレンジのパネルを用いて統一感を出す。

《コンソールの下部にはヘッドユニットを設置するスペースを増設。ここにもオレンジのパネルを用いて統一感を出す。》

オーディオの魅力にはまり、一気にカスタムを進めたオーナーの鈴木さん。カスタムアイデアとセンスが光る一台となった。

《オーディオの魅力にはまり、一気にカスタムを進めたオーナーの鈴木さん。カスタムアイデアとセンスが光る一台となった。》

インテリアにはオレンジ色を効果的に使ったデザインを施したこのクルマ。コクピットには先に紹介したドア、Aピラーと要所にオレンジの造形を施して統一感を引き出している。コクピット全体を見渡してみても、グローブボックス、ステアリング、センタークラスター、シート、さらにはフロアマットのパイピングなど要所要所をすべてオレンジでまとめ上げることで、コクピット全体にまとまりを生み出している。

そんな中、オーナーのお気に入りポイントのひとつがコンソール下部に新たにマウントをワンオフして設置したヘッドユニット。
「ギャラリーには気づかれないけどさりげなく収めたヘッドユニット周辺のデザインが気に入ってます」。
ヘッドユニットとしてチョイスしたのはカロッツェリアのDEH-970、多彩な調整能力を備えシステム全体を統括できるヘッドユニットだ。2DINスペースはナビで埋まっているためヘッドユニット用に別スペースを用意。周囲をオレンジのパネルで覆うデザインなど、コンソールのアイキャッチにもなるカスタムパートとした。

ラゲッジからコクピットまで、ひとつのひとつのカスタムにこだわって作り上げたストリーム。アピールするユニットをしっかりと決めることでメリハリのあるデザインを作り上げた。カラーリングを含めてオーナーが大好きなカスタム処理が完成した。
《土田康弘》

特集

page top