【VW ポロGTI 試乗】豪華絢爛、そして凄まじく高性能になってしまった…中村孝仁 | Push on! Mycar-life

【VW ポロGTI 試乗】豪華絢爛、そして凄まじく高性能になってしまった…中村孝仁

自動車 試乗記

VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
  • VW ポロGTI
「足が速いだけで、モテる時代は終わりました。新型 『Polo GTI』誕生。」これ、結構衝撃的なキャッチコピーだと僕は受け取った。

VWが何を言いたかったのかというと、「高速走行やワインディングでの速さと楽しさはもちろん、普段使いでもひとクラス上の快適な乗り心地を実現しました」ということである。ポロは言うまでもなく『ゴルフ』の弟分。そのポロに200psを誇る2リットルTSIユニットを搭載して、電子制御のデバイスを満載。税込車両本体価格は344万8000円也。何となくイメージとしては個人的にはポロの領域を超えてしまったクルマと映ってしまった。

室内に乗り込むと、何とも鮮やかな赤と黒にカラーコーディネートされたダッシュボードが目に飛び込む。赤と黒は初代ゴルフGTIから連綿と受け継がれる、ちょっとしたアクセントだったのだが、ポロGTIはそれを室内全体に波及させた。あまりの鮮やかさに個人的には少々引いてしまった。

質感の高さはこれまでのポロと比べて群を抜いていることは、ノーマルポロの試乗時にも確認。とにかくすこぶる良くできている。次に驚いたのは、可変ダンピングシステムのセレクトモード付き足回りが奢られ、電子制御ディファレンシャルロックのXDSが標準装備となっていたことだ。しかも、オプションながらメータークラスターにはアクティブインフォディスプレーと称するクラスター全体がデジタルディスプレイとなるメーターまで用意される。

まあ、装備だけを考えれば完全なるフル装備状態で、Bセグメントにも明らかに上質と大人の感性が求められる時代に入ったことを象徴するようなモデルでもある。

実際に試乗してみて、一つ面白いことに気が付いた。ポロGTIの試乗は弟分の『up!GTI』との同時試乗。僕は最初にup!GTIに乗って、その後にポロに試乗した。御殿場インターから東名高速に乗って、先ずは高速でのパフォーマンスと直安性や加速性能などを確認。

ところが高速に入っていざフルスロットルで加速してみると、あれっ?さっき乗ったup!GTIの方が速いじゃん?というフィーリング。勿論明らかにスピードレンジはポロが上で、そこへの到達時間もポロが速いのだが、何故かスピード感がない。恐らく安定し過ぎて、スピードを感じさせないのだろう。超が付く速いクルマに乗ると、いつの間にやらヤバいスピードが出ていることを体験するドライバーも多いと思うが、up!GTIとポロGTIを乗り比べてまさにそれが起きた。

トランスミッションは湿式のクラッチを持つ6速DSG。最近のVW製DSGは、よりステップAT的なシフト感覚を求めて、DSG本来が持つスピード感に欠けるきらいがあったが、こいつはやはりスピード感が重視されていて、バフっというかすかな音とともに素早いシフトアップが行われている印象である。

走行モードはエコ、ノーマル、スポーツ、それにカスタムの4種。変えられるのはダンパーセッティング、シフトアップポイントやステアリングの操舵感等々。このうちダンパーはノーマルとスポーツの2種である。エコはご存知の通り燃費追求モードだから、ラリーで言うならスピード追求が必要ないリエゾン区間を走るような状況で使うモード。200psもあれば、たとえノーマルモードでもその速さと俊敏さは十分だが、これをスポーツモードにすると今度は足で稼いでくれる。サスペンションはやはり引き締められた印象で、ノーマルよりもカッチリ感が増して、全体的にロールも抑えてくれる走りが体感できるが、まあ個人的に常にスポーツに入れて走ろうとは思わないレベル。

新しいポロGTIは、キャッチコピーの内容を裏付ける、上質さが売りのクルマと見た。抜群に速いけれど、それだけで売る時代は終わったかもしれないが、昔のゴルフGTIが持っていた「ちょっとだけ高性能」を遥かに超越して、凄まじく高性能になってしまったところに、自ら「足が速いだけで、モテる時代は終わりました」と言わざるを得ない状況を作り出してしまったようにも感じる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来40年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。 また、現在は企業向け運転講習の会社、ショーファデプト代表取締役も務める。
《中村 孝仁》

特集

page top