【スバル フォレスター 新型試乗】e-BOXERはもっとパワフルでもいい…中村孝仁 | Push on! Mycar-life

【スバル フォレスター 新型試乗】e-BOXERはもっとパワフルでもいい…中村孝仁

自動車 試乗記

スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
  • スバル フォレスター アドバンス
消費税込みの価格が309万9600円。新しいスバル『フォレスター』のトップグレード、「アドバンス」の価格である。このクルマ、2リットルのボクサーエンジンにモーターを加えた、いわゆるマイルドハイブリッドで、その名も「e-BOXER」という。

日本市場で、マイルドと付くのはどうもよろしくないのか、スズキはそれを「S-エネチャージ」と呼び、今度はスバルがe-BOXERと呼んだ。結果、スズキは今、S-エネチャージをやめて、単にマイルドハイブリッドと呼ぶ。e-BOXERもそうならないことを願うばかりだが、要するにマイルドハイブリッドである。

同じマイルドハイブリッドは『XV』にも搭載されていたが、今回のものはリチウムイオン電池を使用している点が大きな違い。また、一口にマイルドハイブリッドと呼んでも、その使い方は色々で、スズキを例に取れば、スズキの場合は若干ながらモーターのみでの走行が可能なのに対して、スバルの場合それは出来ない。スターターとジェネレーターを兼ねるという働き自体は一緒だが、スバルの場合はよりスムーズに走らせることを念頭に置いた使い方をしているのが特徴といえるかもしれない。

だから、負荷がかかる発進時や、アクセルを深く踏み込んで加速したい時などに、モーターが活躍してくれる。結果として全体的にパワフルな印象を味わえるとともに、スムーズな走りに貢献するというわけだ。

今回も、例によってまだ登録前のクルマをクローズドコースで走らせた言わば、テイスティング程度の走り。したがって断定的なことは言えないし、このグレードにしか装備されないドライバーモニタリングシステムなどは、北米仕様でデモンストレーションが行われただけで、本格的に使い勝手を試すことはできなかったことをお断りする。

コースはいつも通り、伊豆にあるサイクルスポーツセンターのロードコース。ただし、今回はショートコースが使われた。先代フォレスターと最大の違いは、骨格が新たにSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)になったこと。以前に『インプレッサ』やXVでも体感しているが、この新しいプラットフォームは先代と比べて明らかに剛性感が増して、乗り心地にも好影響を与えている。全体がガシっとした印象が明確で、サスペンションの動きも軽快になった印象が強い。

今回のエンジンラインナップは2.5リットルの直噴NAユニットと、2リットルボクサーとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様の2本立てだが、このアドバンスというグレードにのみ、ハイブリッド仕様が与えられている。公道ではない上に、限定的な設定のコース。さらに一般道のようにストップ&ゴーがあるわけではないから、ついついアクセルを踏んでパーシャルからの加速感だけを堪能した結果の判断では、トップエンドのトルク感は明らかに、2.5リットルNAと比較した時、「薄い!」という印象がかなり明確に残ってしまった。

因みにパフォーマンスは145ps、188Nmという絶対値。2.5リットルの方はというと、184ps、239Nmである。数値を見ても明らかなように、ほぼどの領域でも2.5リットルの方がゆとりがあって、ズボラ運転も可能だ。確かにエンジを回して使うという、スポーティードライブには向いているのかもしれないが、まあ、今時のドライビングスタイルではない。ならば、燃費がいいのかというと、今時JC08モードでもないだろうからWLTCで比較してみると、総合燃費はe-BOXERの14.0km/リットルに対して、2.5リットル車は13.2km/リットルで若干e-BOXERの方が勝るのだが、郊外燃費と高速燃費に関しては2.5リットル車の方が上回っているからややこしくなる。

アドバンスにしかつかないドライバーモニタリングシステムは、おもてなし機能というのがあって、ドライバーの顔を認識し、乗車するとそのドライバーのシートポジションやミラーの位置などを、自動的に設定した位置に合わせてくれるというもの。前述したように北米仕様車でその体験をさせてもらったが、残念ながら2度やっても、合わせた位置にはいかなかった。何でも似たような顔の人が続いて乗ると、うまく機能しないらしい。当然双子などという場合は無理だそうだ。というわけで、さらに開発が進めば精度も上がるのだろうが、今のところは自分で合わせた方が早そうである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来40年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。 また、現在は企業向け運転講習の会社、ショーファデプト代表取締役も務める。
《中村 孝仁》

特集

page top