BMWグループ、新車のインテリア開発に複合現実テクノロジー導入 | Push on! Mycar-life

BMWグループ、新車のインテリア開発に複合現実テクノロジー導入

BMWグループは、ドイツで開催中の「デジタルデイ2018」において、新型車開発にMR(複合現実)テクノロジーを導入していると発表した。

自動車 ニュース
BMWグループが新型車のインテリア開発にMR(複合現実)を導入
  • BMWグループが新型車のインテリア開発にMR(複合現実)を導入
  • 開発にMR(複合現実)
  • 開発にMR(複合現実)
  • 開発にMR(複合現実)
  • 開発にMR(複合現実)
BMWグループは、ドイツで開催中の「デジタルデイ2018」において、新型車開発にMR(複合現実)テクノロジーを導入していると発表した。

新車開発におけるMR(複合現実)とは、現実世界のリアルライフプロトタイプと、仮想世界のバーチャルシミュレーションを組み合わせたもの。MRを利用することにより、車両の開発速度を加速させ、最適化させることが可能になる。

BMWグループは、新車開発にこうした手法を導入することに積極的。家電分野やコンピューターゲーム分野の技術や、増加するコンポーネントや車両機能を、現実的に視覚化できる新世代のデータグラスを採用している。BMWグループによると、このような方法を使い、物理的な構成要素を使って生成された印象は、デジタルで生成された経験を組み合わせることで、さらに充実させることができるという。

BMWグループがMRを使用する分野のひとつが、車両のインテリアの開発。ここではコンピューターで生成されたシミュレーションに、実際のインテリアのモックアップを組み合わせる。これにより、将来量産されるモデルにおけるドライビングエクスペリエンスを、包括的なイメージとして開発の初期段階で作成することができる、としている。
《森脇稔》

特集

page top