シボレー カマロ に2019年型、表情一新…サーキット仕様にダウンサイズ2.0ターボ初設定 | Push on! Mycar-life

シボレー カマロ に2019年型、表情一新…サーキット仕様にダウンサイズ2.0ターボ初設定

GMのシボレーブランドは4月9日、新型『カマロ』の2019年モデルを米国で発表した。

自動車 ニュース
シボレー・カマロ の2019年モデル
  • シボレー・カマロ の2019年モデル
  • シボレー・カマロ の2019年モデル
  • シボレー・カマロ の2019年モデル
  • シボレー・カマロ の2019年モデル
  • シボレー・カマロ の2019年モデル
GMのシボレーブランドは4月9日、新型『カマロ』の2019年モデルを米国で発表した。

新型カマロは2017年、日本市場にも導入された。ダウンサイズの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載するのが特徴。この2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力279ps、最大トルク40.8kgmを発生。日本では、「LT RS」(クーペ)と「コンバーチブル」に搭載されている。

今回、シボレーは、米国で新型カマロの2019年モデルを発表。フロントグリルやヘッドライト、バンパーのデザインが見直され、表情を一新する。リアは、デュアルLEDテールランプやバンパーが新しい。

2019年モデルでは、サーキット走行にも対応する人気パッケージの「1LE」に、初の2.0ターボを設定。従来は、V型6気筒およびV型8気筒ガソリンエンジンのみで選択できたが、2019年モデルではこれを拡大。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは米国仕様の場合、最大出力275hp、最大トルク40.8kgmを発生する。

1LEでは、サスペンションやブレーキを強化。ブレーキはブレンボ製も装備可能。さらに、サーキット走行向けにトラックモード、コンペティションモードが採用されている。
《森脇稔》

特集

page top