カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA SUPRA(オーナー・石井大介さん) by アークライド 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA SUPRA(オーナー・石井大介さん) by アークライド 後編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA SUPRA(オーナー・石井大介さん) by アークライド 後編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! TOYOTA SUPRA(オーナー・石井大介さん) by アークライド 後編
  • コクピットではキッカーQSの2ウェイスピーカーが存在感満点にアピールする。しかし純正イメージをしっかり守る処理も光る。
  • ドアの中程にインストールされているミッドバス。ドアパネルの加工などを施して純正位置よりも上に移設している。
  • キッカーのコンセプトである「Livin’ Loud」をエンボス加工したドア後方。レザー一枚張りのハイレベルなテクニックも見物。
  • キッカーのハイエンドユニットであるQSはパワフルな低音にも負けない厚みのある中高域サウンドを引き出してくれる。
  • ドア中程のミッドバスとAピラーのトゥイーターはかなり近い位置にインストールされている。音源の集中で高音質にも貢献する。
  • 助手席側のAピラーにはアシストハンドルが設置されているが、この形状も考慮してトゥイーターの角度&位置決めをしている。
  • トゥイーター周囲の形状をピラー形状と融合させるデザイン手法も美しい。カスタムとオーディオユニットの融合を成し遂げた。
キッカーをメインユニットに用いてスープラ・エアロトップをUSスタイルのカスタムカーへと仕立て上げたこのクルマ。オーナーの石井さんと製作ショップである千葉県のアークライドのカスタムへの強い思いが一致してどこにもないインストールを完成させた。

◆QSのミッドバスをドア中程に設置するカスタムインストール

コクピットではキッカーQSの2ウェイスピーカーが存在感満点にアピールする。しかし純正イメージをしっかり守る処理も光る。

《コクピットではキッカーQSの2ウェイスピーカーが存在感満点にアピールする。しかし純正イメージをしっかり守る処理も光る。》

ドアの中程にインストールされているミッドバス。ドアパネルの加工などを施して純正位置よりも上に移設している。

《ドアの中程にインストールされているミッドバス。ドアパネルの加工などを施して純正位置よりも上に移設している。》

キッカーのコンセプトである「Livin’ Loud」をエンボス加工したドア後方。レザー一枚張りのハイレベルなテクニックも見物。

《キッカーのコンセプトである「Livin’ Loud」をエンボス加工したドア後方。レザー一枚張りのハイレベルなテクニックも見物。》

キッカーのハイエンドユニットであるQSはパワフルな低音にも負けない厚みのある中高域サウンドを引き出してくれる。

《キッカーのハイエンドユニットであるQSはパワフルな低音にも負けない厚みのある中高域サウンドを引き出してくれる。》

コクピット背面にインストールした15インチサブウーファーであるキッカー・コンプQの強力な低音サウンドに負けないように、フロントステージのシステム&インストールにもとびきりのクオリティが投入された。フロントスピーカーにチョイスしたのはキッカーのハイエンドモデルであるQS65.2。

2ウェイシステムの根幹をなすミッドバスはドアのかなり高い位置にインストールされているのが特徴。もともとスープラの純正スピーカーはドアの中程にインストールされているのだが、ドアパネルの大幅な加工を施すことでスピーカーの取り付け位置をさらに上方に移設することに成功している。また9mm厚のロシアンバーチ材を使ったバッフルなどでスピーカーのポテンシャルをトコトン引き出す処理を施したのも特徴。さらにドア内張りをバッフルと一体化させるという構造を採用しているのも独特。スープラ純正の内張りが木材チップの集成材的な素材を用いているため可能になった手法だ。

2ドアモデルならではの巨大なドアは前方に適度な角度付けをしたミッドバスをインストールし、ドア後方にはキッカーのコンセプトでもある「Livin’ Loud」をエンボス加工。ドア全体をレザー1枚張りで仕上げたハイクオリティな処理で、ドアの一体感&デザイン性を高めているのも見どころだ。

◆ピラーまわりのデザインに考慮し純正イメージを崩さない処理が光る

ドア中程のミッドバスとAピラーのトゥイーターはかなり近い位置にインストールされている。音源の集中で高音質にも貢献する。

《ドア中程のミッドバスとAピラーのトゥイーターはかなり近い位置にインストールされている。音源の集中で高音質にも貢献する。》

助手席側のAピラーにはアシストハンドルが設置されているが、この形状も考慮してトゥイーターの角度&位置決めをしている。

《助手席側のAピラーにはアシストハンドルが設置されているが、この形状も考慮してトゥイーターの角度&位置決めをしている。》

トゥイーター周囲の形状をピラー形状と融合させるデザイン手法も美しい。カスタムとオーディオユニットの融合を成し遂げた。

《トゥイーター周囲の形状をピラー形状と融合させるデザイン手法も美しい。カスタムとオーディオユニットの融合を成し遂げた。》

ミッドバスをドアの高い位置にインストールすることでミッドバスとトゥイーターの距離を近づけ、まとまりのある中高域サウンドを引き出しているのもこのクルマの特徴。同時にデザイン的にも2ウェイスピーカーが凝縮してインストールされているスタイルがアピール度満点。スープラのカスタムスタイルにぴったりのQSスピーカーがコクピットデザインの一部になっている。

Aピラーにインストールされたトゥイーターもシンプルな作りながらこだわり満載。オーナーの耳の位置や着座位置を考慮して高さ・角度を最適化している。しかも無理な角度付けを施すことなく、ピラーにトゥイーターが自然に融合する形状をデザインしている点も見どころ。MDFとパテを使ってインテリアデザインと違和感ないフォルムを作り上げた。助手席側のハンドルもそのまま使えるように処理するなど、実用面・純正デザインを徹底踏襲するのも特徴。

◆ヘッドユニットのイルミ色にまで気を配ってトータルバランスを整える

センターコンソール内に設置したベースコントロール。操作性も考えてドライバーの手元部分に設置しているのも特徴。

《センターコンソール内に設置したベースコントロール。操作性も考えてドライバーの手元部分に設置しているのも特徴。》

USモデルをあえてチョイスしたアルパインのヘッドユニット。イルミ色はスープラのイメージカラーであるグリーンに設定した。

《USモデルをあえてチョイスしたアルパインのヘッドユニット。イルミ色はスープラのイメージカラーであるグリーンに設定した。》

オーディオコンペでの優勝経験も持つオーナーの石井さん+スープラ。狙い取りのクルマ作りで満足度は非常に高いという。

《オーディオコンペでの優勝経験も持つオーナーの石井さん+スープラ。狙い取りのクルマ作りで満足度は非常に高いという。》

使い勝手を考慮しつつコンセプトに沿ってデザイン性も高めているのもこのクルマの特徴。IQパワーアンプのベースコントローラーはセンターコンソール内に埋め込み設置されている。コンソールのアームレスト部分を開ければ運転席から簡単にアクセスでき、手元での低域コントロールが可能だ。その脇にはヘッドユニットへのUSB入力を設置、メモリーやDAPなどとの接続もスマートにこなす。

またヘッドユニットにはアルパインのUSモデルであるCDE-HD149BTをチョイス。USテイストを強調するカスタムに合わせてあえて取り入れたのがこのモデルだ。スープラのテーマカラーにもなっているグリーンのイルミを設定できるのもモデルセレクトのもう一つの理由。ヘッドユニット下部に設置したボルトメーターにもグリーンイルミを用いるなど、インテリアのイルミカラーを統一するのもカスタムのテーマとなっている。

確たるコンセプトをもとにしたカスタムを施し、ユニット選びからデザイン、素材感にいたるまで統一したイメージでインストールを実施したスープラ・エアロトップ。オーディオカーとしてだけではなくカスタムカーとしての完成度も超一流のクルマに仕上がった。
《土田康弘》

特集

page top