トヨタとプジョーに兄弟車、シトロエンの C1 に改良新型…新世代エンジン搭載 | Push on! Mycar-life

トヨタとプジョーに兄弟車、シトロエンの C1 に改良新型…新世代エンジン搭載

シトロエンは4月3日、ブランドのエントリーコンパクトカーの『C1』に、改良新型モデルを設定すると発表した。

自動車 ニュース
シトロエン C1 の改良新型モデル
  • シトロエン C1 の改良新型モデル
  • シトロエン C1 の改良新型モデル
シトロエンは4月3日、ブランドのエントリーコンパクトカーの『C1』に、改良新型モデルを設定すると発表した。

シトロエンは2014年春、ジュネーブモーターショー2014において、新型C1を発表。C1は欧州Aセグメントに属し、シトロエンの入門車の役割を担うコンパクトカー。トヨタ自動車とPSAグループの合弁会社が2005年、共同開発した。生産はチェコで行われている。

また、ジュネーブモーターショー2014において、新型シトロエンC1と同時発表されたのが、新型トヨタ『アイゴ』、プジョー『107』後継車の『108』。3車は基本メカニズムを共用しながら、各ブランドの専用ボディをまとう。

シトロエンは今回、現行C1に初の本格改良を施した改良新型モデルを設定すると発表。外観は、新ボディカラーやツートンカラー、シトロエンの新エンブレムの採用などを実施。内装はユーザーの個性を反映できるカスタマイズオプションの選択肢を拡大する。

パワートレインは、エンジンなどに新たなアップデートを実施した。最新世代のユーロ6エンジンを搭載。トヨタが開発した1.0リットル直列3気筒ガソリンエンジンは、最大出力を68hpから72hpに強化するとともに、排ガス性能を向上させている。
《森脇稔》

特集

page top