ボルボ、新型SUV『XC40』の国内販売を開始 389万円より | Push on! Mycar-life

ボルボ、新型SUV『XC40』の国内販売を開始 389万円より

自動車 ニュース

ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボ XC40 T5 R-Design 1st Edition
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
ボルボ・カー・ジャパンは3月28日、ボルボ初のコンパクトSUVとなる新型車『XC40』を発売した。

XC40は、新開発の小型車向けプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を初めて採用した都市型プレミアム・コンパクトSUV。2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した話題のモデルだ。

エクステリアにはスポーティかつカジュアルで個性的なデザインを採用。ボディサイズはXC60より一回り以上コンパクトで、全長4425mm×全幅1875mm×全高1660mm、ホイールベースは2700mmだ。

インテリアでは、スマートフォンを置くだけで充電できる「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」やグローブボックスにバッグが掛けられるリトラクタブルフック、低音用スピーカーをダッシュボード側に移動することで大型のペットボトルやノートパソコンを収納できるようにした大容量ドアポケットなど、ユニークなアイディアを多数採用。日常生活で使いやすい実用的なデザインとしている。

また、荷室には折りたたみ可能なラゲッジフロアを採用したほか、ラゲッジカバーが不要な時には床下収納できるようにした。

インフォテイメントシステムには、ボルボ独自の「SENSUS(センサス)」を採用。手袋をしたまま操作できる赤外線方式タッチスクリーンの9インチセンター・ディスプレイ、12.3インチ・ドライバー・ディスプレイ(メーターパネル)、音声認識機能などにより、ナビゲーションの目的地設定、エアコンの温度調整、各種メディアなどを直感的に操作可能にしている。

小型車専用に新開発されたプラットフォーム「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)は、「90シリーズ」「60シリーズ」で採用されている大型車用の新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」と同様に、サイズや搭載パワートレインの自由度を確保したもの。安全性や機能性に関する部分はSPAと基本的に共用で、90シリーズや新型XC60で採用された先進技術をコンパクトクラスにも展開可能としている。

また、90シリーズや新型XC60とほぼ同等となる16種類以上の先進安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備。「衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム(右折時対向車検知機能、歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能付)」、自動運転「レベル2」相当となる「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」などの機能を搭載し、高い安全性を実現した。

さらに、新型XC40ではボルボ初となる「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」を新採用。これは、駐車スペースから後退して出庫する際、リヤバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって、接近する車両を検知し、警告音でドライバーに知らせるとともに、必要に応じて自動ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の軽減を図るものだ。

パワートレインには、燃費効率とパフォーマンスを両立する新世代パワートレイン(Drive-E)の2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジンを採用。出力が異なる「T4」(190ps、300Nm)と「T5」(252ps、350Nm)の2種類を用意した。

駆動方式は、主力グレードに電子制御AWDシステムを採用したほか、「T4」エンジン搭載車にはFF車も用意。トランスミッションは全車8速AT。将来的にはプラグインハイブリットやEVモデルも追加する予定だ。

全8グレードで、価格はT4(FFモデル)の389万円から。なお、1月26日から300台限定で先行予約販売されたトップグレード「T5 AWD R-Design 1st Edition」(559万円)はすでに完売している。国産車と輸入車がひしめく国内コンパクトSUV市場において、台風の目となりそうなモデルだ。
《丹羽圭@DAYS》

特集

page top