キャデラック CT6 改良新型、ハンズフリー走行も可能…ニューヨークモーターショー2018で発表予定 | Push on! Mycar-life

キャデラック CT6 改良新型、ハンズフリー走行も可能…ニューヨークモーターショー2018で発表予定

自動車 ニュース

キャデラックCT6改良新型
  • キャデラックCT6改良新型
  • キャデラックCT6改良新型
  • キャデラックCT6改良新型
  • キャデラックCT6改良新型
キャデラックは3月28日、米国で開幕するニューヨークモーターショー2018で初公開する『CT6』の改良新型モデルに、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

キャデラックCT6は2015年春、ニューヨークモーターショー2015で発表。CT6は、キャデラックブランドの新たな最上級サルーン。デビューからちょうど3年が経過するニューヨークモーターショー2018では、高性能グレードの「CT6・Vスポーツ」の設定と同時に、CT6シリーズが初の本格改良を受ける。

CT6の改良新型モデルの特徴のひとつが、最新の先進運転支援システム(ADAS)の搭載。夜間の走行で、ドライバーインフォメーションセンターに人や大型動物を表示する「エンハンスドナイトビジョン」を継続採用。オートブレーキとオートパーキングを一体化した新型パークアシストシステム、カメラのテクノロジーと通常の室内ミラーを組み合わせ、障害物のない後方映像を投影するするリアカメラミラーなどが用意された。新しい歩行者衝突防止・軽減システムによる歩行者検知、警告、オートブレーキ機能も備わる。

高速道路において、ハンズフリー走行を可能にする「スーパークルーズ」を設定。「リアカメラミラー」は2世代目となり、フレームレスデザインやズーム&チルト機構を採用した。前面衝突警告、サイド死角警告付きのレーンチェンジ警告、レーン逸脱警告付きのレーンキープアシスト、リアクロストラフィック警告などが設定されている。
《森脇稔》

特集

page top