話題沸騰! 新型車載用スピーカー『DIATONE・DS-G300』の実力を、徹底テスト! | Push on! Mycar-life

話題沸騰! 新型車載用スピーカー『DIATONE・DS-G300』の実力を、徹底テスト!

カーオーディオ 特集記事

『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
  • 『DIATONE・DS-G300』
「DIATONE」から発売された新たな車載用スピーカー『DS-G300』への注目度が、日に日に高まっている。搭載デモカーの音に対する反響が大きかったことを引き金にして、噂が噂を呼んでいる。

さて、当機の実力は、話題の大きさに相応しいものなのか否か…。今回のリポートでは、『DS-G300』のサウンドについて詳細にお伝えしていく。


■素直に「良い」と思える要素が、多々、サウンドに含まれている…。

テスト会場は、三菱電機(株)三田製作所(兵庫県三田市)の試聴室。テストは、特製のエンクロージャーに収められた『DS-G300』を『NR-MZ300PREMI』の内蔵パワーアンプで鳴らすという、極々シンプルなシステムで実施した。内蔵アンプのフロント2chだけを使い、クロスオーバーは『DS-G300』に付属のパッシブクロスオーバーネットワークで実行している。

なお、今回のテストトラックは以下の3曲。宇多田ヒカルのアップテンポなナンバーと、ダイアナ・クラールの歌とピアノによるトリオ編成の楽曲、そしてブライアン・ブロンバーグのウッドベースのソロ。

デモカーで『DS-G300』の音は確認済みではあるが、製品と正対してのサウンドはどれほどのものなのか、大きな期待を胸に試聴を開始した。

最初に聴いた宇多田ヒカルのポップチューンのイントロが流れた瞬間に、期待以上のなんとも魅力的なサウンドが目の前に広がった。素直に「良い」と思わせる何かが多々、含まれている。

その何かの正体として真っ先に思い付いたのは、“ノリの良さ”だ。レスポンスが素速いので、リズムのキレが実にシャープ。例えば、鍵盤楽器のバッキングで16分休符がきっちりと際立ち、小気味良いグルーブが生まれている。爽快に軽快に楽曲が演奏されていくのだ。


■一聴しての印象度が極めて高い。音楽の楽しさに一瞬で引き込まれる。

続いて気づいたのは、“低音の心地良さ”だ。芯があり、ハリがあり、密度感が高く、そしてエネルギー感が強い。量感が強調され過ぎているわけではないのに、パンチ力がある。訴えかける力が非常に強い。

さらには、中音は分厚く、高音は繊細でスムーズ。質感は至って上質で、クリアで艶やか。耳当たりもすこぶる良好だ。

つまり…。スピーカーに求めたい要素の大部分を、最初の出音ではっきりと分からせてくれるスピーカーだったのだ。当機のキャッチコピーである、“聴いた瞬間、恋をする。”が、言い得て妙であることをつくづくと思い知らされた。一聴しての印象度が極めて高い。音楽の楽しさに一瞬で引き込まれる。まずはリズムに乗せられ、声の魅力に引き寄せられ、余韻の心地良さに吸い込まれる。

その上で素性も高い。音の本質的なところは、あくまでも「何も足さない、何も引かない」という「DIATONE」伝統のコンセプトの延長線上にあると思えた。全体的な密度感や緻密さ、そして自然なバランスと正確な音色、S/N感の高さ等々、これらがフラッグシップ機と同じベクトルにあったのだ。「DIATONE」ならでは良さを、当機でもしっかりと味わえた。

『DS-G300』は音楽を楽しく聴かせるスピーカーであり、かつ、ハイエンドオーディオの風格も十二分に備えている。楽しさのレベルが高い。


■長く使える、コストパフォーマンスに優れた逸品。

サブウーファー『SW-G50』をシステムに追加して試聴を続行し、当機の基本スペックの高さをさらに確認できた。サブウーファーを足したことで、全体の緻密さ、コク、ツヤが増し、Hi-Fi度がさらに高まった。

それにしても、サブウーファーからトゥイーターまで、振動板が同一素材であるからこそのサウンドの一体感は、改めて流石だと唸らされた。低音から高音までの繋がりが抜群にスムーズ。『DS-G300』を導入したら、いつかは『SW-G50』を追加して、このクオリティを楽しみ尽くしたい。

最初の3曲を聴き終わった後には、80年代の歌謡曲や、最近のJ-POP等々、どちらかといえばカジュアルな音源を多めに聴いていったのだが、何を聴いてもひたすら楽しめる。そして、至って心地良い。

さて、希望小売価格は8万円。エントリースピーカーとしては決して手頃とは言い難い価格帯にある。しかしながら、この性能を手に入れられるのであれば、8万円はリーズナブル。聴けば聴くほどそう思えた。

『DS-G300』を使って、後々物足りなく感じることは、多分ないだろう。もちろん上を見ればキリがないが、当機にはさまざまな魅力が備わっているので、不満が出にくい。長く使えるスピーカーであることは間違いない。

純正スピーカーの音に物足りなさを覚えている方や、交換したエントリースピーカーからのステップアップを検討している方は、まずはこの音を確認してほしい。これを聴かずして製品選びを完了させてしまったら、後悔することになりかねない。

新たな定番スピーカーが誕生した。『DS-G300』の試聴を終えて、しみじみと、そう確信できた。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top