オーディオカーの祭典『ACG2017』、セミファイナルとなる『in関西』リポート! Part 1 | Push on! Mycar-life

オーディオカーの祭典『ACG2017』、セミファイナルとなる『in関西』リポート! Part 1

カーオーディオ 特集記事

オーディオカーの祭典『ACG2017』、セミファイナルとなる『in関西』リポート! Part 1
  • オーディオカーの祭典『ACG2017』、セミファイナルとなる『in関西』リポート! Part 1
  • ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
  • ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
  • ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
  • ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
  • ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
  • ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
  • トヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープス
日本最大級のカーオーディオイベント『ACG2017』の第5戦、『in関西』が、10月1日、大阪府・舞洲スポーツアイランドにて開催された。前回の『in九州』とは打って変わって絶好の秋晴れの下、滞りなくプログラムが進行し、来場者はイベントを心置きなく満喫した。

当サイトでは今日と明日の2日間にわたり、登録店からエントリーした注目車両のカスタムとオーディオシステムの詳細を、じっくりと紹介していく。


ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ

ホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブホンダ・シビック(オーナー/井上佳祐さん)by カーオーディオクラブ
今回が『ACG』初エントリーという井上さん。カーオーディオ歴は約10年で、このシビックには7年ほど前からシステムを組んでいるとのことだ。これまで当イベントには5、6回ギャラリーとして訪れていたのだが、フルシステムが完成したのを機に、「腕試し」として参戦を決めた。搭載システムは以下のとおり。オーディソンのbit oneをコントロールユニットとして活用し、パワーアンプにはボストンアコースティクスとロックフォード・フォズゲートを使用。スピーカー群はロックフォードで統一し、フロントスピーカーにはT5を、サブウーファーには25cmモデルをチョイスしている。「ライブを観に行くのが好きなので、ライブハウスで聴けるようなサウンドを目指している」とのことだった。

トヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープス

トヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープストヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープストヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープストヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープストヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープストヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープストヨタ・86(オーナー/ゆーやさん)by ワープス
ビンゴ大会のアシスタントも務めて人気者となっていた“おしず”さんとの2ショットをキメてくれたゆーやさん。愛車にシステムを組み始めたのは昨年の7月。「良い音が聴きたくて」カーオーディオの搭載を決意。かつ、イベントで目立つことも重視し「どハデに作り込んだ」とのことだ。ちなみに、ボディカラーは“フォレストグリーン”。エクステリアのドレスアップも完成度が高い。搭載システムは以下のとおり。メインユニットがカロッツェリアのディスプレイオーディオ、フロントスピーカーは内蔵アンプで鳴らしサブウーファー用のアンプはロックフォードだ。スピーカー群もすべてロックフォードで統一している。「音が良いと運転が楽しい」とのことで、日々爽快サウンドを満喫中♪

マツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イースト

マツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イーストマツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イーストマツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イーストマツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イーストマツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イーストマツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イーストマツダ・CX-3(オーナー/西 美則さん)by イースト
音楽が好きで、良い音で聴きたいという思いからカーオーディオシステムを組み始めたという西さん。このCX-3が初めてのオーディオカーで、今年の4月に「新車で購入し一気に完成させた」とのことだ。システム構成は以下のとおりだ。純正オーディオを活用しながら、ヘリックスのプロセッサーDSP PRO MK2でサウンドをコントロール。そしてパワーアンプがロックフォード・フォズゲート、フロントスピーカーがDLS、サブウーファーにはカロッツェリアの8インチモデルを2発採用している。普段は洋楽を中心に聴いていて、「システムを積んだことで、激しい曲としっとりした曲の違いが明確になった」という。「今後もさらなる音質向上を目指す」と気合い十分。

日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ

日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ日産・ブルーバード(オーナー/飯村春樹さん)by カーファイ
カーオーディオ歴は約8年という飯村さん。日音協に参戦するようになってから3年が経過している。日音協の楽しさは、「ギャラリーにジャッジしてもらえること」であり、「ギャラリーに楽しんでもらえる音を目指している」とのことだった。愛車のブルーバードのシステムは1年前に完成した。搭載ユニットは以下のような陣容となっている。メインユニットがダイヤトーンサウンドナビで、それ以外のユニットはすべてロックフォードで統一し、フロントドアにはパンチプロの10インチを計2発、ブレッドツィーターを計4発、そしてリアドアに10インチを計4発、ブレットツィーターを計4発装着している。電源強化にも抜かりがなく、メガサイクルを計4基搭載している。

スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店

スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店スズキ・エブリイ バン(オーナー/井ノ上高典さん)by AVカンサイ堺店
アメリカのショーカーを意識してカスタムしているというエブリイで参加した井ノ上さん。カーオーディオはハンドメイドで25年ほど楽しんでいたのだが、「音に限界を感じて」プロショップの門を叩いた。今は、「重低音を効かせつつキレイな音で好きな音楽を楽しんでいる。洋楽を中心に、ビートの効いた曲をチョイスすることが多い」とのこと。搭載システムは以下のとおり。ナビをメインユニットとして使用し、サウンドコントロールはヘリックスのDSP PROで行っている。その他のユニットはすべてヴァイブオーディオで統一。サブウーファーには30cmモデルを採用した。将来的には、「ミニトラックに乗りたい。もちろんオーディオを積んで」とのことだった。
《太田祥三》

特集

page top