【東京モーターショー2017】パイオニア、走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開へ | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー2017】パイオニア、走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開へ

自動車 ニュース

パイオニア ブースイメージ
  • パイオニア ブースイメージ
  • 3D-LiDAR サンプルイメージ(スキャニング部)
パイオニアは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。

パイオニアブースでは、近未来の自動運転社会に向けて開発しているさまざまな“新(真)価値”を提案。メインステージでは、これまで同社が培ってきた技術やノウハウを用いて実現する“自動運転時代の安心、快適なカーライフ”を大型LEDディスプレイで紹介する。

ブース中央に設置した「コンセプト・コックピット」では、一般道での自動運転レベル3以上を想定した安心・安全機能やエンタテインメント機能を体験できるほか、MEMSミラーを用いた独自の走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開。ブース内をリアルタイムで計測した点群画像をモニターで見ることができる。

また、面発光、薄型・軽量で、曲げられるフレキシブルタイプの有機EL照明パネルを使用した「テールランプ&ターンシグナル」や、高輝度・高コントラストで色純度の高い「レーザースキャンHUD(ヘッドアップディスプレイ)」など、近未来のカーライフを彩る最先端技術の数々を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top