【360度 VR試乗】スバル初代 レガシィ は「GT-Rを喰うつもりだった」…今も通用する軽快感に感動 | Push on! Mycar-life

【360度 VR試乗】スバル初代 レガシィ は「GT-Rを喰うつもりだった」…今も通用する軽快感に感動

自動車 試乗記

【360度 VR試乗】「GT-Rを喰うつもりだった」スバル初代 レガシィ、軽快感は現代でも通用する
  • 【360度 VR試乗】「GT-Rを喰うつもりだった」スバル初代 レガシィ、軽快感は現代でも通用する
いまの感覚で初代スバル『レガシィ』を見るとどう映るのか!? これはスバルファンの興味のひとつではないだろうか? ということで、スバルが保管していたピッカピカの初代レガシィ(89年式 2.0GT)で、テストコースでの試乗を敢行した。懐かしのボクサーサウンドとともに、360度動画でお届けする。

初代の誕生当時レースドライバーとしてコンビを組み戦ったスバルの辰巳英治氏(現STIアドバイザー)から、「ニュルのテストが終了すると、各社クルマを交換して乗り合いするのだけど、レガシィに乗せたら『こんなに良くできているとは思わなかった!!』とポルシェに言われた」という話は、我が事のように嬉しかった。

安全性のために重量も増した現代と30年前の軽快感はいまでも通用する。“軽いは偉い”のである。

協力:SUBARU、スバル研究実験センター
テキスト・試乗 桂伸一

※スマートフォンで視聴する場合はYoutubeアプリでお楽しみください。
■iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/youtube-ying-hua-yin-le-to/id544007664?mt=8
■Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.youtube&hl=ja
《撮影・編集 佐藤靖彦》

特集

page top