【トヨタ ハリアーターボ 試乗】2リットルターボがキャラクターに合っている…諸星陽一 | Push on! Mycar-life

【トヨタ ハリアーターボ 試乗】2リットルターボがキャラクターに合っている…諸星陽一

自動車 試乗記

トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
  • トヨタ ハリアー ターボ
1997年に登場した『ハリアー』は、プレミアム・クロスオーバーSUVの先駆けとなったモデル。現行モデルは3代目となるが、2017年6月にマイナーチェンジを受けた。

マイナーチェンジのポイントは2つ。1つは統合的な安全機構である「トヨタ・セーフティ・センスP」が採用されたこと。もう一つが、新しいドライブトレインとして2リットルターボエンジンが用意されたことにある。

トヨタ・セーフティ・センスPは、さまざまな安全機構を統合したシステム。注目の自動ブレーキ関連は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムで、先行車20km/h~自車80km/hの場合は最大60km/hの減速を実現。停止車両については40km/hの減速、歩行者に対しては速度差30km/hで衝突回避または被害軽減サポートが行われる。

新搭載されたターボエンジンは231馬力/350Nmというパワースペック。リッター100馬力/150Nmをオーバーするハイスペックで、6速ATが組み合わされる。ターボエンジンの力強さとCVTとは異なりダイレクト感のある6速ATに助けられて、加速感は力強い。ハイブリッドのような段付き感もなくプレミアムSUVというハリアーのキャラクターにはぴったりと合っている印象。

ハンドリングも機敏でスポーティ。乗り心地はちょっと固めだが、ハンドリングは正確。重心が高いSUVとしてはかなりのレベルと言える。ターボモデルにはパフォーマンスダンパーと呼ばれるハンドリングを向上させるボディパーツが採用されていて、その効果も大きいのだろう。

ハリアーターボが最も苦手なのは、路面の継ぎ目。ちょっと継ぎ目が荒いと、パンパン、パンパンと大きな音を出してしまう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

page top