【上海モーターショー2017】クラリオン、スマートコックピットで自動運転向け技術を紹介へ | Push on! Mycar-life

【上海モーターショー2017】クラリオン、スマートコックピットで自動運転向け技術を紹介へ

自動車 ニュース

スマートコックピット
  • スマートコックピット
  • 日立グループ ブースイメージ
日立グループのクラリオンは、4月19日から28日に開催される「上海モーターショー」に出展し、各種製品・技術を紹介する。

クラリオンは、キャビン型モックアップによるスマートコックピットで、自動運転社会に向けた多彩な技術をアピール。運転席シートに内蔵のセンサとカメラを用いたドライバモニタリングにより、運転手の注意散漫や呼吸の異常を検知し、必要に応じて緊急電話を自動的に発信するソリューションなど、複数のデモンストレーションを紹介する。

また、メガピクセルデジタルカメラや電子ミラーカメラ、トラック向け安全走行支援システム「SurroundEye ECU」、テレマティクス コントロール ユニット(TCU)など、自動運転の実現に向けたカメラシステムと通信を使用したセンシング技術を紹介する。

そのほか、スマートフォン連携サービス「WeLink」対応モデル、ドライブレコーダーやドライブモニタリング内蔵モデルなど、中国向けカーナビゲーションシステムとして開発を進める3種類のナビゲーションを参考展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top