【ジュネーブモーターショー2017】ピニンファリーナ H600…815馬力マイクロタービンハイブリッド | Push on! Mycar-life

【ジュネーブモーターショー2017】ピニンファリーナ H600…815馬力マイクロタービンハイブリッド

イタリアのピニンファリーナは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、コンセプトカーの『H600』を初公開した。

自動車 ニュース
ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600(ジュネーブモーターショー2017)
  • ピニンファリーナ H600
イタリアのピニンファリーナは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、コンセプトカーの『H600』を初公開した。

H600は、次世代の大型ラグジュアリーセダンを提案する1台。このコンセプトカーは、ピニンファリーナが、中国香港に本拠を置く「ハイブリッドキネティックグループ」社と共同開発を行った。ボディサイズは、全長5200mm、全幅2000mm、全高1494mm。

ジュネーブモーターショー2017のプレスカンファレンスでは、H600パワートレインの詳細を公表。モーターに、レンジエクステンダーの機能を果たすマイクロタービンを組み合わせたハイブリッドとした。マイクロタービンで発電を行い、モーターとバッテリーに電力を供給する。外部充電の必要はない。

モーターは、最大出力815hp以上とパワフル。駆動方式は4WDで、0‐100km/h加速2.9秒、最高速250km/hの優れた性能を発揮する。また、マイクロタービンのおかげで、最大1000km以上を走行できる実用性も兼ね備えている。
《森脇稔》

特集

page top