『大阪オートメッセ2017』濃密リポート!! Part.2「プロショップ製作車両」編 | Push on! Mycar-life

『大阪オートメッセ2017』濃密リポート!! Part.2「プロショップ製作車両」編

2月10日(金)より3日間にわたり、インテックス大阪にて開催された『第21回 大阪オートメッセ2017』。そこに展示された、オーディオカー & カーオーディオ新製品を、先週に引き続きご紹介していく。今回は、プロショップ製作の注目車両を一挙に8台掲載する。

カーオーディオ 特集記事
『大阪オートメッセ2017』濃密リポート!! Part.2「プロショップ製作車両」編
  • 『大阪オートメッセ2017』濃密リポート!! Part.2「プロショップ製作車両」編
  • メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
  • メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
  • メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
  • メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
  • メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
  • BMW・M4 by Avカンサイ 堺店
  • BMW・M4 by Avカンサイ 堺店

2月10日(金)より3日間にわたり、インテックス大阪にて開催された『第21回 大阪オートメッセ2017』。そこに展示された、オーディオカー & カーオーディオ新製品を、先週に引き続きご紹介していく。今回は、プロショップ製作の注目車両を一挙に8台掲載する。

メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2

メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2メルセデス-ベンツ・CLA by オートステーションK2
大阪府のオートステーションK2は、クラリオン『フル・デジタル・サウンド』を搭載した「メルセデス-ベンツ・CLA」を展示した。同車は昨年の秋に製作されていたのだが、今回はそこにサブウーファーを追加し、サウンドクオリティをさらにビルドアップさせてきた。目指したのは、『フル・デジタル・サウンド』の良さを引き出しながらも、デジタルっぽくなり過ぎないこと。試聴して納得した。クリアさや反応の速さ、S/Nの良さなど、デジタルならではのストロングポイントは最大限活かされながらも、仕上がりは至ってナチュラル。温かみがあり柔らかな、耳当たりの良いサウンドが楽しめた。好感度の高い一台だった。

BMW・M4 by Avカンサイ 堺店

BMW・M4 by Avカンサイ 堺店
BMW・M4 by Avカンサイ 堺店BMW・M4 by Avカンサイ 堺店BMW・M4 by Avカンサイ 堺店BMW・M4 by Avカンサイ 堺店
こちらは、大阪府のAvカンサイ 堺店の「BMW・M4」。同車は、「純正の内装を一切変更することなく、しかもスピーカーユニットは税別12万円というミドルグレードの製品(モレル)でありながら、どこまで高音質を実現できるか」というコンセプトで作り上げられている。スピーカー以外のユニットは以下のとおり。ソースユニットがソニーのウォークマン、DSPがヘリックス・DSP PRO MKII、パワーアンプがDLS。さらに足元の純正サブウーファーをイートンの薄型モデルに換装し、トランクにも補助的なサブウーファーを搭載している。聴いてみて驚かされた。鮮度感が高く、情報量豊かな、トップレベルのハイエンドサウンドが堪能できた。

トヨタ・プリウス by ルロワ

トヨタ・プリウス by ルロワ
トヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワトヨタ・プリウス by ルロワ
ルロワ(愛知県)は、クラリオン『フル・デジタル・サウンド』を搭載したプリウスを展示した。使用ユニットは、フルデジタルサウンドプロセッサー(サウンドプロセッサー/ツィーター/コマンダー)『Z3』+フルデジタルスピーカー『Z7』+フルデジタルサブウーファー『Z25W』×1発、という顔ぶれだ。なお、インストールにおいては、アウターバッフル化やツィーターのピラーへの埋め込み等々、音に良いことをすべて施し、その上でクールなルックスもしっかり確保。さらにトランクでは、積載性もキープされている。試聴してみるとその音は、音数が豊富で濃厚。そして1音1音には芯があり、艶があり、ハリがある。どっぷりと音楽に浸れる、秀麗サウンドを満喫できた。

アウディ・S8 by プロショップ ヴォーグ

アウディ・S8 by プロショップ ヴォーグ
アウディ・S8 by プロショップ ヴォーグアウディ・S8 by プロショップ ヴォーグアウディ・S8 by プロショップ ヴォーグアウディ・S8 by プロショップ ヴォーグアウディ・S8 by プロショップ ヴォーグアウディ・S8 by プロショップ ヴォーグ
千葉県のプロショップ ヴォーグは、昨年の『ビーウィズ・サウンド・カップ』にて最上位クラスを制した有名車である、こちらのアウディ・S8を展示した。搭載システムは、『BEWITH Royal Ensemble II』。この“最高級トータルパッケージ”を、同店ならではのハイグレードな取り付け技術で精巧にインストール。トゥイーターはオリジナルのエンクロージャーに収め、ドアのミッドウーファーもオリジナルのバスレフエンクロージャーにセットした。フィニッシュにはナッパレザーを用いて、純正の質感に自然になじませているあたりもサスガの出来映えだ。そして、その音も珠玉のクオリティ。とにもかくにも生々しく、瑞々しさに満ちていた。

メルセデス-ベンツ・Sクラス by カーオーディオスタジアム

メルセデス-ベンツ・Sクラス by カーオーディオスタジアム
メルセデス-ベンツ・Sクラス by カーオーディオスタジアムメルセデス-ベンツ・Sクラス by カーオーディオスタジアムメルセデス-ベンツ・Sクラス by カーオーディオスタジアムメルセデス-ベンツ・Sクラス by カーオーディオスタジアム
カーオーディオスタジアム(大阪府)は2台のデモカーを展示した。1台が、BMW専用スピーカーキットである、『ES 100K for BMW』を装着した『BMW・X3』、そしてもう1台がこちらの『メルセデス-ベンツ・Sクラス』。スピーカーには、フォーカルの最高峰システム『Utopia Be ULTIMA』が採用されている。これに組み合わされたユニット群は、メインユニットが、ビーウィズのMM-1D、プロセッサーが同・STATE A6R DUAL、パワーアンプが同・P-1R×6台、という顔ぶれだ。運転席に乗り込み試聴してみるとその音は、質感の良さが最上級。濃厚でコクがあり、さらには緻密で繊細。スピーカーのポテンシャルが十二分に引き出されていた。

トヨタ・アルファード by カーオーディオクラブ

トヨタ・アルファード by カーオーディオクラブ
トヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブトヨタ・アルファード by カーオーディオクラブ
大阪府のカーオーディオクラブは、“エスティーム”ブースで、圧巻のデモカー、『トヨタ・アルファード』を展示した。なにせこのクルマは、カーオーディオの魅力のすべてを高次元で具現化していることを特長としていて、カスタムの出来映え、室内の音質性能、外向きサウンドのダイナミックさ、それぞれが最上級の完成度を誇っている。使用ユニットも豪華絢爛。メインユニットがオーディソンのbit Play HD、DSPがヘリックスのDSP PRO、そしてフロントスピーカーがスーパーハイエンドブランド、ZRスピーカーラボの3ウェイ、サブウーファーがグラウンドゼロの上級モデル、パワーアンプがオーディオウェーブのアスパイアプロ×3台という、最強布陣が敷かれていた。

トヨタ・ファンカーゴ by ワープス

トヨタ・ファンカーゴ by ワープス
トヨタ・ファンカーゴ by ワープストヨタ・ファンカーゴ by ワープストヨタ・ファンカーゴ by ワープストヨタ・ファンカーゴ by ワープストヨタ・ファンカーゴ by ワープストヨタ・ファンカーゴ by ワープス
広島県のワープスは、ファンカーゴを展示した。同車は、昨年の『ACG』でも大注目を浴びた有名車両だ。今回もカスタムが底上げされていて、また一段と完成度が高められていた。新たなカスタムポイントは、フロアカーペットの染め替え、収納ポケットの底の張り替え、エアコンダクトのペイントなどなど。細かな部分にも手を入れることで、ルックスがぐっと引き締まることを、このクルマを観て再認識。なお搭載ユニットは、メインユニットがカロッツェリアのDEH-P01,それ以外をすべてロックフォードで統一。フロントスピーカーには上級モデルのT5がおごられ、パワーアンプもトップグレードのパワーシリーズのモデルを計4台使用。ユニットチョイスにも妥協がない。

トヨタ・プリウス by パラダ

トヨタ・プリウス by パラダ
トヨタ・プリウス by パラダトヨタ・プリウス by パラダトヨタ・プリウス by パラダトヨタ・プリウス by パラダトヨタ・プリウス by パラダトヨタ・プリウス by パラダ
福井県のパラダは、新作の『トヨタ・プリウス』を持ち込んだ。当車のコンセプトは「カジュアル」。普段乗りのクルマを気ままにカスタムすることを提案している。ライトに、しかしながらできるだけカッコ良く。なお搭載ユニットは以下のとおり。メインユニットはカロッツェリアのサイバーナビ、プロセッサーにはグラウンドゼロを採用し、パワーアンプにはJLオーディオをチョイス。そしてフロントスピーカーにはフラックスの3ウェイを使い、サブウーファーにはJLオーディオの10インチモデルを2発使用している。音が良いこともカッコ良さの一部と捉え、室内のサウンドクオリティも徹底追求。濃密な3ウェイサウンドを奏でていた。
《太田祥三》

特集

関連ニュース

page top