【マセラティ クアトロポルテ 改良新型】フロントフェイス変更で、空気抵抗を低減 | Push on! Mycar-life

【マセラティ クアトロポルテ 改良新型】フロントフェイス変更で、空気抵抗を低減

フェイスリフトしたマセラティ『クアトロポルテ』は、フロント周りを改良し、空気抵抗低減を実現したという。

自動車 ニュース
マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
  • マセラティ・クアトロポルテ・グランルッソトリム
フェイスリフトしたマセラティ『クアトロポルテ』は、フロント周りを改良し、空気抵抗低減を実現したという。

マセラティジャパンプロダクトマーケティングマネージャーの細川英祐さんによると、「新設計のバンパーにより空気抵抗や揚力の影響をかなり抑えることが出来た。Cx値は改良前より約10%向上し0.28という数値を計測している」と話す。

さらに『レヴァンテ』にも導入しているアクティブグリルシャッターを採用。これは「エンジンの水温を始め様々なデータを解析分析し、エンジンやブレーキシステムの冷却が必要な際には自動で開き、最大限に冷却。それ以外の時には基本はクローズされ、走りに重要なダウンフォースを最大化する」と説明する。

クアトロポルテのエンジンは、マセラティが自社で設計しフェラーリのマラネロ工場で生産されている。今回のフェイスリフトに伴い、これまでのV型6気筒エンジンの330psバージョンは、350psへとパワーアップした。

その他の変更点としては、「スポーツモード時のシフトチェンジの時間が約30%改善され、 ノーマルモード時よりも0.15秒早くシフトアップすることが可能になり、ノーマルモードとスポーツモードの差がより明確化した」と述べる。

また、シフトノブの操作性やスイッチ類の配置変更が施され、シフトモード変更等のドライブモードの選択を、「直感的かつ思いのままにドライバーは選択することが可能になった」と語った。
《内田俊一》

特集

page top