“日常レベルで世界最高”の GT-R、675馬力でリッチフィールドから限定発売! | Push on! Mycar-life

“日常レベルで世界最高”の GT-R、675馬力でリッチフィールドから限定発売!

自動車 スクープ

リッチフィールドGT-R LM20
  • リッチフィールドGT-R LM20
  • リッチフィールドGT-R LM20
  • リッチフィールドGT-R LM20
  • リッチフィールドGT-R LM20
  • リッチフィールドGT-R LM20
イギリスのチューナー、「リッチフィールド」が創業20周年を記念し、日産「GT-R」の最新チューニングカーを限定発売する。

「LM20」と命名されたこのチューニングカーは、全身を軽量カーボンエアロパーツで武装、専用のサスペンションやブレーキがセッティングされる。

パワートレインは無謀な馬力アップはせず、GT-Rにとって日常レベルで世界最高と想定した675psを誇る、3.8リットルV型6気筒エンジンを搭載し、0-60km/h加速を2.5秒で駆け抜け、最高速度は328km/hを記録する。

ステアリングホイール、又はiOSデバイスを使い各種設定が出来るのも魅力。

気になる価格は9万6995ポンド(約1366万円)とかなりお買い得!?
年間1万2000マイルの走行距離以内ならば、3年間の無料保証が付いてくるのも安心だ。
《Spyder7 編集部》

特集

page top