ランボルギーニ新型スーパーカーの車名は「UNICO」に...1000馬力級のハイパーカーも計画中か! | Push on! Mycar-life

ランボルギーニ新型スーパーカーの車名は「UNICO」に...1000馬力級のハイパーカーも計画中か!

ランボルギーニが、世界の顧客向けに公開しているスペシャルな新型スーパーカー、『LB48』の正式名が明らかになった。その名は『UNICO』(ウニコ)。そしてさらなる高性能ハイパーカーの計画も入手した。

自動車 スクープ
Terzo Millennio Concept
  • Terzo Millennio Concept
  • Terzo Millennio Concept
  • Terzo Millennio Concept
  • Terzo Millennio Concept
ランボルギーニが、世界の顧客向けに公開しているスペシャルな新型スーパーカー、『LB48』の正式名が明らかになった。その名は『UNICO』(ウニコ)。そしてさらなる高性能ハイパーカーの計画も入手した。

「UNICO」はイタリア語で「たった一つの」を意味する。パワートレインは、6.5リットルV型12気筒NAエンジンを搭載し、最高出力はエンジン出力789ps、電気モーター49psを組み合わせ、最高出力は838psを発揮する。価格は250万USドル(約2億8千万円)で、世界限定63台の希少モデルとなる。生産は2019年後半が予定されているようだ。

そして今回、より強力なハイパーカーを計画している可能性が高いことが「TheSupercarBlog.com」の調べで発覚した。記事によると、ライバルをアストンマーティン『ヴァルキリー』やマクラーレン『セナ』に設定し、開発が進められており、『アヴェンタドール SVJ』に搭載されたアクティブ・エアロ・システム「ALA 2.0」の進化バージョンを搭載するという。

その心臓部には、6.5リットルV型12気筒+電気モーターのハイブリッドで、最高出力は1000psを超えてくることが予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

page top