【東京オートサロン2017】マツダ CX-3、エアロ+ローダウンを提案 | Push on! Mycar-life

【東京オートサロン2017】マツダ CX-3、エアロ+ローダウンを提案

自動車 ニュース

マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017(東京オートサロン2017) 《撮影 宮崎紘輔》
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017(東京オートサロン2017) 《撮影 宮崎紘輔》
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017(東京オートサロン2017) 《撮影 宮崎紘輔》
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017(東京オートサロン2017) 《撮影 宮崎紘輔》
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017(東京オートサロン2017) 《撮影 宮崎紘輔》
  • マツダCX-3 CUSTOM STYLE 2017(東京オートサロン2017) 《撮影 宮崎紘輔》
マツダは1月13~15日に千葉市の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」において、『CX-3』ベースの「CUSTOM STYLE 2017」を参考出品した。

同車は、CX-3の特別仕様車「ノーブルブラウン」がベース。CX-3のスタイリングを、ローダウンサスとエアロパーツで、さらにダイナミックでスポーティに演出している。

エアロパーツは、フロントアンダースカート、サイドアンダースカート、リアアンダースカート、リアルーフスポイラーで構成。さらに、ブリリアントブラックのドアミラーガーニッシュ、ウエルカムランプ、シルバーのウインカーバルブ、特別仕様のマフラーも組み込まれた。

インテリアには、アルミペダルセット、消臭機能付きフロアマット、イルミネーション付きスカッフプレートを装着。足回りには、車高調整式サスペンションの採用をはじめ、ブレーキキャリパーにマットブラックペイントを施している。

マツダは、「こだわりを持ちながら、従来の価値観にとらわれないユーザーに、日常のなかに、上質でありながら刺激的な非日常を提案する一台」と、その狙いを語っている。
《森脇稔》

特集

page top