メルセデスAMGの「GT R」、ニュルアタック…日産 GT-R NISMOに迫る | Push on! Mycar-life

メルセデスAMGの「GT R」、ニュルアタック…日産 GT-R NISMOに迫る

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは12月9日、『メルセデスAMG GT R』がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、7分10秒9のラップタイムを計測した、と発表した。

自動車 ニュース
メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
  • メルセデスAMG GT R
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは12月9日、『メルセデスAMG GT R』がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、7分10秒9のラップタイムを計測した、と発表した。

メルセデスAMG GT Rは新型スポーツカー、『メルセデスAMG GT』の頂点に立つ最強グレード。ベース車両のメルセデスAMG GTの「S」グレードでは、直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpmを発生する。動力性能は、0-100km/h加速が3.8秒、最高速は310km/h。

これに対して、「R」の名前を冠して登場したメルセデスAMG GT Rでは、ブースト圧を変更した新しいターボチャージャーの採用をはじめ、吸排気系やエンジンコンピュータなどをチューニング。最大出力は585hp/6250rpm、最大トルクは71.4gm/1900-5500rpmを獲得した。これは、『メルセデスAMG GT S』と比較すると、75hp、5.1kgm強化されたことになる。

パワフルに進化したエンジンに合わせて、サスペンションやブレーキを強化。新開発のアクティブエアロなど、エアロダイナミクス性能も引き上げられた。フロントグリルは、レーシングカーの『メルセデスAMG GT3』と共通イメージの縦基調とするなど、迫力を増している。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT 7。メルセデスAMG GT Rの動力性能は、0-100km/h加速が3.6秒、最高速が318km/h。メルセデスAMG GT Sと比較すると、0-100km/h加速は0.2秒短縮。最高速は8km/h上回った。

今回、このメルセデスAMG GT Rがドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、『Sport Auto』誌との協力でタイムアタックを敢行。その結果、7分10秒9のラップタイムを計測した。このタイムは、日産『GT-R NISMO』が2013年に打ち立てた7分8秒679に迫るもの。『Sport Auto』誌が過去にニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行った後輪駆動車(日産GT-R NISMOは4WD)の中で、最速タイムを記録したという。
《森脇稔》

特集

page top