【エコプロ16】三菱電機、自動運転技術などを紹介 | Push on! Mycar-life

【エコプロ16】三菱電機、自動運転技術などを紹介

三菱電機は、12月8日から10日まで東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロ2016」に出展する。

自動車 ニュース
三菱電機のブースイメージ
  • 三菱電機のブースイメージ
三菱電機は、12月8日から10日まで東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロ2016」に出展する。

「未来を見据えた今のくらし、三菱電機のエコチェンジ」をテーマに、家庭から宇宙まで幅広い分野で「グローバル環境先進企業」を目指す同社グループの先進技術・製品を分かりやすく紹介する。

ブースでは、1日のなかで、同社グループの製品がどのように環境に配慮し、人々の暮らしを支えているかを「1日のくらしゾーン」で紹介する。

具体的には、気象情報を届ける静止気象観測衛星「ひまわり8号・9号」と、鮮明な画像を映し出す液晶テレビや、鉄道車両の走行時に発生した回生電力を無駄なく活用する駅舎補助電源装置、世界最高速のエレベーターなどを紹介する。

メーンステージでは、展示製品紹介や、廃棄しがちな食材の活用方法などを実演するワークショップ「エコクッキング」を開催する。外国人来場者には、話した言葉を10カ国語に自動翻訳し、タブレットの画面に文字で表示する「しゃべり描きUI」を活用してブースの展示概要を案内する。

開発技術ゾーンでは、準天頂衛星やミリ波レーダーなど、三菱電機グループの制御技術を活用してエコで安全な運転を実現する自動運転技術を紹介する。
《レスポンス編集部》

特集

page top