【マツダ ロードスターRF】ボディカラーや革シートでも上質さを表現 | Push on! Mycar-life

【マツダ ロードスターRF】ボディカラーや革シートでも上質さを表現

マツダ『ロードスターRF』は、より上質なクルマという全体のコンセプトのもとに内外装を提案しているという。

自動車 ニュース
マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
  • マツダ ロードスターRF(プロトタイプ)
マツダ『ロードスターRF』は、より上質なクルマという全体のコンセプトのもとに内外装を提案しているという。

特にカラーについて、マツダデザイン本部プロダクションデザインスタジオカラー&トリムデザイングループアシスタントマネージャーの星正広さんは、ルーフの2トーンを挙げる。これはVSにオプションで設定しているもので、ルーフ中央部分をボディカラーではなくピアノブラックにすることで、「ファーストバックのスタイルの綺麗なラインがより見えることから、美しいラインを際立たせる2トーンを設定した」と話す。

そして、ボディカラーではマシングレーが設定された(ソフトトップ仕様には設定なし)。“匠塗”第2弾のこのカラーは、「粒子の細かい薄膜のアルミの塗料なので、RFのボディ面に表される綺麗なリフレクションがこのマシン感をより際立たせ、クルマとしての硬質な感じが表現されている」と述べる。

また、VSに採用されたナッパレザーシートも上質さの提案だ。オーバーンという赤茶のカラーとともに、「しっとりとした大人の雰囲気や、細かい色の配色によって、このクルマの持つ上質感やゆとりを醸し出している」とし、上質なクルマに仕上げるために、デザインだけでなく、カラーや素材でもトライしていることを語った。
《内田俊一》

特集

page top