Hi-Fiコンテストラストバトル! まいど大阪2016レポートPrat.3 | Push on! Mycar-life

Hi-Fiコンテストラストバトル! まいど大阪2016レポートPrat.3

11月13日(日)に大阪の南港ATCで開催された『まいど大阪2016』レポート第3回目です。

カーオーディオ 特集記事
11月13日(日)に大阪の南港ATCで開催された『まいど大阪2016』レポート第3回目です。

HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2

HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2
HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2HONDA シビックTYPE R(オーナー/西田憲二さん)by K2
地元大阪府の主催ショップであるK2からサウンドBクラスにエントリーしていた西田さんのシビックTYPE R。ソースユニットには発売間もないDIATONEサウンドナビ200PREMIを早くも搭載し、同ブランドDS-SA1をピラーとドアにアウターで強固にインストールされている。リアシート足下に箱載せでSW-G50を置き、シート下にスピーカー群をドライブするパワーアンプが設置されている。スッと無音から立ち上がってくるS/Nの良さが感じられ、繊細な空気感がしっかりと表現される上質なシステム。ナビから発展させるカーオーディオの最高峰クラスの内容だ。

NISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイ

NISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイ
NISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイNISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイNISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイNISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイNISSAN フェアレディZ(オーナー/服部高久さん)by ガレージショウエイ
高知県のガレージショウエイからエキスパートクラスにエントリーしていた服部さんのフェアレディZ。ソースユニットはcarrozzeria X RS-D7Xlll+RS-P99X、スピーカーはM & Mデザインの3way+サブウーファーとし、ALPINEのパワーアンプでドライブしている。音の緻密さとスピード感が飛び抜けたサウンドで、今回はそこにしっかりとした芯と柔らかさが加わっている。スムーズな繋がりとグラデーションの美しさは間違いなく全国トップレベルのサウンドだと感じる。

HONDA オデッセイ(オーナー/湯浅卓也さん)by ガレージA

HONDA オデッセイ(オーナー/湯浅卓也さん)by ガレージA
HONDA オデッセイ(オーナー/湯浅卓也さん)by ガレージAHONDA オデッセイ(オーナー/湯浅卓也さん)by ガレージAHONDA オデッセイ(オーナー/湯浅卓也さん)by ガレージAHONDA オデッセイ(オーナー/湯浅卓也さん)by ガレージA
群馬県のガレージAから評論家 小原先生/サウンドA/Bクラスにエントリーした湯浅さんのオデッセイは今年大きく成長した代表的なクルマ。全国各地で行われた数々のサウンドコンテストにエントリーして着実にレベルアップを果たしている。早くからハイレゾ再生に注目してユニット構成を考えて作られており、フロント4way+サブウーファー2発を見事に操っている。その音は緻密で繊細、広々としたステージングと深い奥行きで生々しさと空気感を纏ったハイレベルなクルマに仕上がっていた。

TOYOTA シエンタ(オーナー/丹山 篤志さん)by ブリーズ

TOYOTA シエンタ(オーナー/丹山 篤志さん)by ブリーズ
TOYOTA シエンタ(オーナー/丹山 篤志さん)by ブリーズTOYOTA シエンタ(オーナー/丹山 篤志さん)by ブリーズTOYOTA シエンタ(オーナー/丹山 篤志さん)by ブリーズTOYOTA シエンタ(オーナー/丹山 篤志さん)by ブリーズ
奈良県のブリーズからサウンドBファーストにエントリーした丹山さんのシエンタ。ソースユニットはカーナビゲーションで唯一光出力を持っているクラリオンをプロセッサーへ接続し、FOCALの3way+DLSのサブウーファーを鳴らすシステムを構築している。美しいピラーのインストールに目を惹かれ、プロショップの技術力を存分に感じられる。そこから発せられるサウンドも美しく、高いS/Nと解像度を持って自然なトーンバランスを実現する上品さが感じられた。

VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/萩原正俊さん)by サブライム

VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/萩原正俊さん)by サブライム
VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/萩原正俊さん)by サブライムVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/萩原正俊さん)by サブライムVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/萩原正俊さん)by サブライムVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/萩原正俊さん)by サブライム
群馬県のサブライムからサウンドA/B/Cクラスにエントリーしていた萩原さんのシロッコ。ソースユニットにはcarrozzeria DEH-P01を使い、付属アンプにて同ブランドのVシリーズにPRSのスコーカーを加えた3way仕様となっている。ラゲッジにサブウーファーが設置されているのだが、スペースを極力減らさないように箱を造り込んでいて普段使いに問題無いのが非常に好ましい。一年ぶりに試聴したのだが、凄く滑らかで伸び伸びと余韻まで綺麗に再生していて、透明度の高い上質なHi-Fiサウンドを奏でていた。

BMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンター

BMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンター
BMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンターBMW 320i(オーナー/篠浦由樹さん)by サウンドカーペンター
愛媛県のサウンドカーペンターからサウンドAファーストクラスにエントリーしていた篠浦さんの320i。ビンゴで当たりご満悦のなか撮影させてもらった。ソースユニットはcarrozzeria X RS-D7Xlll+RS-P99X、スピーカーも同ブランド最高峰のRS3way+サブウーファーで、RS-A99X2機でドライブ。アンプ・プロセッサー共にM & Mデザインのキャパシターを装着して電源強化も万全な状態だ。芯のある高解像度なサウンドで、スピーカーの存在を全く感じさせないステージングに驚く。音の繋ぎ目がなく切れ目のないサウンドが好印象であった。

SUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニング

SUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニング
SUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニングSUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニングSUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニングSUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニングSUZUKI ワゴンR(オーナー/高岡淳一さん)by ウイニング
滋賀県のウイニングからサウンドBファーストクラスにエントリーしていた高岡さんのワゴンR。ソースユニットにはロングセラーとなっているcarrozzeria DEH-P01を使い、同ブランド最高峰スピーカーであるRS3way+サブウーファーを装着する。スコーカーの取り付けが特徴的で、より高音質に鳴らす事を狙いながら邪魔にならないよう上手く工夫されている。ラゲッジにはフラットに埋め込まれたサブウーファーがあり、運転席と助手席下にはフロントスピーカー用にcarrozzeria RS-A99X/RS-A09Xが設置されている。決して広くはないスペースに上手く物量を入れ込んだインストールが好印象であった。
《藤澤純一》

特集

page top