『カーオーディオ・プロショップ』って、どんなとこ? 後編『カーオーディオ・プロショップ』は敷居が低い!? | Push on! Mycar-life

『カーオーディオ・プロショップ』って、どんなとこ? 後編『カーオーディオ・プロショップ』は敷居が低い!?

純正カーオーディオよりもっと良い音で音楽を楽しみたいと思ったら、『カーオーディオ・プロショップ』が頼りになる。しかしながら、その存在をご存知ないという方もまだまだ多い。または、知ってはいるものの、縁遠いところだと思っている方もいるだろう。

カーオーディオ 特集記事
ツイーターの取り付け例。
  • ツイーターの取り付け例。
純正カーオーディオよりもっと良い音で音楽を楽しみたいと思ったら、『カーオーディオ・プロショップ』が頼りになる。しかしながら、その存在をご存知ないという方もまだまだ多い。または、知ってはいるものの、縁遠いところだと思っている方もいるだろう。

そのような方々に向けて、そこがどんなところなのかを、そして、そこが気軽に足を運べる場所であることを、改めてご紹介しようと試みている。前回は、『カーオーディオ・プロショップ』が存在している理由について解説した。それに引き続いて今回は、『カーオーディオ・プロショップ』の“敷居の高さ(低さ)”について考察していく。


■エントリースピーカーへの交換パッケージの予算の目安は、10万円前後から。

『カーオーディオ・プロショップ』は敷居が高いのか、はたまた低いのか…。それを考えるにあたってまずは、「予算はどのくらい必要か」、から、考察してみる。

上を見ればキリがないのがカーオーディオではあるが、リーズナブルな製品もたくさんある。スピーカー交換を例に取って考えてみよう。ずばり、エントリーパッケージであれば、10万円前後が相場と言っていいだろう。

ちなみに、10万円の内訳は以下のとおりだ。ざっくり言って、スピーカー代が5万円、取り付け工賃が5万円。

なお、ここで言う“取り付け”とは、単なる“設置作業”のことではない。前回説明したとおり、カーオーディオのスピーカーは、製品単体ではまだ半完成品だ。取り付けて初めてスピーカーは完成される。

スピーカーを完成させるためには、スピーカーユニットを取り付けるだけではだめだ。ドア内部の、音響的なコンディションを整える作業が、多かれ少なかれ必要となる。そのための部材も必要だ。スピーカーを装着する際の“取り付け工賃”とは、部材代も含めての、“スピーカー製作費”なのである。

『カーオーディオ・プロショップ』は、モノを売るだけの場所ではない。ほとんどの場合、“取り付け”作業を伴う。そしてその作業は単なる設置作業ではないケースがほとんどだ。であるので、製品代だけで費用の総額をイメージして行くと、“取り付け工賃”を聞いて戸惑うこととなる。“製作代”も必要であることを、くれぐれもお忘れなきように。それさえ理解しておけば、『カーオーディオ・プロショップ』に行ってから面食らうこともない。敷居の高さも感じなくてすむだろう。


■『カーオーディオ・プロショップ』は、車内の“静音化”も得意。

ところで『カーオーディオ・プロショップ』は、カーオーディオを取り付けることだけにとどまらず、車内を静かにすることも得意としている。まずは、車内の静音化のためにこれを利用するというのもアリだ。そこから始めてみると、『カーオーディオ・プロショップ』を、さらに身近な存在として感じ取れるのではないだろうか。

最近は、エンジン音やマフラー音が静かなクルマが多い。ハイブリッド車ともなると、エンジン音がしない時間帯もある。しかしながらそれらが静かになった分、今度は、ロードノイズや雨音をうるさく感じるドライバーが増えている。

車内を静かにするためには、ボディの鉄板と内張りパネルとの間に、制振材や、防音材、吸音材を、入れたり貼ったりする必要がある。

『カーオーディオ・プロショップ』は、ドア内部の音響的なコンディションを整えるために、それらの部材を日常的に使用している。であるので、部材の特性を熟知している。そのノウハウを、静音化に、そのまま流用できるのだ。

カーオーディオの音を良くすることは後回しにして、車内の静音化を実現するために、『カーオーディオ・プロショップ』を利用してみてはいかがだろうか。まずは小規模なメニューを試して、『カーオーディオ・プロショップ』のバリューを体験してみよう。

『カーオーディオ・プロショップ』がどこにあるのかわからない、という場合は、当サイト(「Push on! Mycar-life」)の「全国カーオーディオショップ検索」のコーナーを見てほしい。地域別に、実力ショップを掲載している。

カーオーディオの音が良くなれば、ドライブの楽しさ、快適さは、確実に向上する。そして、それを実現しようと思ったら、『カーオーディオ・プロショップ』へと、気軽に足を運んでみよう。そこに行けば、新たな発見があることは確かだ。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top