【ロサンゼルスモーターショー16】メルセデス Eクラス 新型に「AMG 63」…571馬力 | Push on! Mycar-life

【ロサンゼルスモーターショー16】メルセデス Eクラス 新型に「AMG 63」…571馬力

ドイツの高級車、メルセデスベンツは10月末、新型『メルセデスAMG E 63 4MATIC+』の概要を明らかにした。実車は11月16日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー16で初公開される。

自動車 ニュース
新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
  • 新型メルセデスAMG E 63 4MATIC+
ドイツの高級車、メルセデスベンツは10月末、新型『メルセデスAMG E 63 4MATIC+』の概要を明らかにした。実車は11月16日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー16で初公開される。

同車は、新型『Eクラス』セダンの頂点に位置する高性能グレード。すでに新型Eクラスセダンには、AMG仕様として、「AMG E 43 4MATIC」が用意されている。「63」を名乗るからには当然、「43」を上回るパフォーマンスが追求される。

注目のパワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給したユニット。スポーツカーの『メルセデスAMG GT』譲りのこのエンジンは、最大出力571hp/5750-6500rpm、最大トルク76.5kgm/2250-5000rpmを引き出す。

トランスミッションは、AMGスピードシフトMCTの9速。駆動方式は、フルタイム4WDのAMGパフォーマンス仕様の「4MATIC+」で、駆動トルクの可変配分が可能。0-100km/h加速は3.5秒で駆け抜け、最高速は250km/hでリミッターが作動。オプションの「AMGドライバーズパッケージ」では、リミッターが300km/hに引き上げられた。

サスペンションやブレーキなど、足回りは強化。内外装にも、AMGらしい演出が施される。とくに、歴代モデルで初めて、Aピラーから前方を新設計。グリルやバンパー、ボンネットなどが専用デザイン。ワイドタイヤを装着するために、フェンダーは17mm拡幅されている。
《森脇稔》

特集

page top