【日産 ノートe-POWER】グローバルに展開しているVモーションを採用 | Push on! Mycar-life

【日産 ノートe-POWER】グローバルに展開しているVモーションを採用

日産『ノート』のマイナーチェンジに伴い、フロント及びリア周りのデザインが一新した。特にフロントでは、日産がグローバルに展開しているVモーショングリルが採用された。

自動車 ニュース
日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
  • 日産 ノートe-POWER
日産『ノート』のマイナーチェンジに伴い、フロント及びリア周りのデザインが一新した。特にフロントでは、日産がグローバルに展開しているVモーショングリルが採用された。

現在日産がグローバルに展開している車種に対して、「日産らしい顔づくりや、日産らしい佇まいを作ろうとしている」とは、日産グローバルデザイン本部グローバルデザイン戦略部エグゼクティブデザインダイレクターの青木護さんの弁。その一つが今回ノートに採用されたVモーショングリルだ。そして、「このVモーショングリルを発端にして、キャビンに向う大きな立体の流れを作っている」と説明。

これまでVモーショングリルは国内ではあまり採用されていなかった。しかし、今年発売した『セレナ』やこのノートから、「日産が世界で展開しているデザインを採用している」という。

それ以外にも、ヘッドランプの中で光るブーメランシグネチャーや、リアコンビランプにもブーメラン型をしたイルミネーションが入ったことも特徴的だ。

全体のデザインの印象に関しても、「これまでのノートは丸かったが、今回はシャープなテイストを入れて極力世界で日産が出しているクルマに近づけようとしている」とコメント。

リアに関して青木さんは、「先代が少し丸くて安定感が足りないと感じていたので、重心が低い位置にあるように感じさせ、スタンスよく見せている」。具体的には、「横方向の線をバンパーなどに入れ、幅広感を演出している」と述べた。
《内田俊一》

特集

page top