【SEMAショー16】フォード パフォーマンス、マスタングを強化…2.3ターボは410馬力 | Push on! Mycar-life

【SEMAショー16】フォード パフォーマンス、マスタングを強化…2.3ターボは410馬力

自動車 ニュース

フォード パフォーマンスの新型マスタングの予告イメージ
  • フォード パフォーマンスの新型マスタングの予告イメージ
米国の自動車大手、フォードモーターは11月1日、米国ラスベガスで開幕するSEMAショー16において、新型フォード『マスタング』のカスタマイズカーを初公開する。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

フォードモーターは今年のSEMAショーにおいて、フォード・マスタングのカスタマイズカーを複数、初公開する計画。その1台が、フォードパフォーマンスの純正パーツによるカスタマイズ。直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」をパワーアップする。

この2.3「エコブースト」は、ノーマル状態で最大出力310hp、最大トルク44.3kgmを発生。フォードパフォーマンスでは、コールドエアインテークをはじめ、専用エグゾースト、フロントのインタークーラーなどを追加した。

これにより、最大出力は100hp引き上げられ、410hpを獲得。サスペンションキットや大容量ブレーキ、20インチのタイヤ&ホイール、エアロパーツも用意した。なお、フォードは同車の予告スケッチを1点、公開している。
《森脇稔》

特集

page top