テスラ、フル自動運転のハードウェアを装備…今後の全生産車に | Push on! Mycar-life

テスラ、フル自動運転のハードウェアを装備…今後の全生産車に

自動車 ニュース

テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • テスラのフル自動運転のハードウェア(イメージ)
  • 現行テスラ・モデルX 〈撮影 高木啓〉
米国のEVメーカー、テスラモーターズは10月19日、今後のテスラの生産車のすべてに、フル自動運転のハードウェアを装備すると発表した。

フル自動運転のハードウェアを装備するのは、テスラ『モデルS』と『モデルX』。将来、市販される低価格EVセダン、『モデル3』も含まれる。

フル自動運転のハードウェアのひとつが、8個のサラウンドカメラ。車両の周囲360度、250mを認識できる。

また、12個の超音波センサーも装備。テスラモーターズによると、従来のシステムに対して、ほぼ2倍の距離にある物体でも検知できるという。フロントのレーダーは、大雨や濃霧のような場合でも、障害物を正確に認識する。

さらに、従来の40倍の性能を持つ新開発のコンピュータを搭載。レーダーなどから得られたデータを素早く解析し、フル自動運転を可能にするとしている。
《森脇稔》

特集

page top