最新のカスタムトレンドが集結! ACG関西レポート | Push on! Mycar-life

最新のカスタムトレンドが集結! ACG関西レポート

カーオーディオ 特集記事

最新のカスタムトレンドが集結! ACG関西レポート
  • 最新のカスタムトレンドが集結! ACG関西レポート
  • VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
  • VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
  • VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
  • VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
  • VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
  • VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
  • SUZUKI イグニス by イースト
10月2日(日)に大阪府の舞州スポーツアイランド駐車場にて行われたACG関西2016。今年もユーザーの熱い想いが込められたカスタムオーディオカーが多数集結。新作カスタムカーも見られ、ユーザー & エントラント共に楽しく1日を過ごせるイベントとなっていた。その中からPush on! Mycar-life登録店からのエントリー車両のご紹介。

VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ

VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
VOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブVOLKSWAGEN シロッコ(オーナー/水口 諒一さん)by カーオーディオクラブ
地元大阪府のカーオーディオクラブからACGインポートクラスにエントリーした水口さんのシロッコ。完成してから何度か見ているが、その姿は時代に左右されない洗練した出来映え。白いボディーに赤で占められたインテリアは今でも鮮烈なインパクトを与えてくれる。システムはcarrozzeria DEH-P01、フロントスピーカーにRockford Fosgate最高峰のJ5を選び、その他ユニットを同ブランドで統一。輪郭にしっかりとしたメリハリあるサウンドで変わらない心地よさを有していた。

SUZUKI イグニス by イースト

SUZUKI イグニス by イースト
SUZUKI イグニス by イーストSUZUKI イグニス by イーストSUZUKI イグニス by イーストSUZUKI イグニス by イーストSUZUKI イグニス by イースト
大阪府のイーストからクラリオンフルデジタルサウンドクラスにエントリーしていたイグニス。発売以来、認知度が高まるにつれて施工台数が増えているFDSだが、このクルマはデジタルコアキシャルで接続出来るクラリオンのナビを使って正しくフルデジタルサウンドシステムを構築している。インナーでの取り付けなのだが、その不利を感じさせないクリアさで輪郭のしっかりとしたスピード感ある音楽を奏でる。固すぎず伸び伸びとした雰囲気がとても好印象であった。

SUZUKI アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイ

SUZUKI アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイ
SUZUKI アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイSUZUKI アルトワークス(オーナー/渡辺恵一さん)by カーファイ
神奈川県のカーファイからACG軽カークラス、日音協 大音良にエントリーしていた渡辺さんのアルトワークス。昨年はACG全会場を制覇して皆勤賞、そして今年も東京都お台場で開催されるファイナルを残して皆勤賞を続けている。その渡辺さんが熱くなっているのが大人の遊び『大音良』である。とにかく鳴らす、そして鳴らすだけではなくいい音でギャラリーを楽しませることで競うこのクラス。毎回渡辺さんの出番では多くのギャラリーがクルマを取り囲む。今回は予選・決勝と合わせてサブウーファー2発を破壊するという『偉業』を達成したのだが、残念ながら準優勝。ファイナルでは装着されているサブウーファー4発を破壊するほどの大音良でギャラリーを楽しませてくれるはずだ。

LEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルース

LEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルース
LEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルースLEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルースLEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルースLEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルースLEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルースLEXUS CT200h(オーナー/砂田俊太さん)by トゥルース
広島県のトゥルースからIASCAチャレンジクラスにエントリーしていた砂田さんのCT200h。以前はJLオーディオで固められていたユニットが、イースコーポレーションが扱うスーパーハイエンド、RSオーディオ3wayに換装されていた。ソースユニットはcarrozzeria AXM-P01を介してiPhoneを使い、スピーカーを駆動するパワーアンプはJLオーディオをそのまま使用している。素晴らしい情報量を持ち、肉厚でありながら高い解像度を感じさせる大人なサウンド。しっとりとした艶やかさもありラグジュアリーな雰囲気を演出してくれる贅沢な車両だ。

TOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブ

TOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブ
TOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブTOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブTOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブTOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブTOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブTOYOTA 86(オーナー/加瀬匡章さん)by サウンドウェーブ
茨城県の老舗ショップであるサウンドウェーブからACGプロクラスにエントリーした加瀬さんの86。今年はACG九州も含めて遠方まで足を伸ばしており、残すACGファイナルに出場すれば全場制覇となる熱いユーザーだ。今年は以前までのコンセプトから変化があり、スポーティーな大人スタイルを追求している。大きく変化したのはサイドに目立つRockford Fosgateのデカールで、インパクトあるデザインが非常に目を惹く。オーディオは変わらずサイバーナビを軸にRockford Fosgateで統一。ファイナルまでにフロントドアの加工を変えて発展を続けていくそうなので、ACGファイナルで注目のクルマとなるであろう。

TOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープス

TOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープス
TOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープスTOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープスTOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープスTOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープスTOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープスTOYOTA 86(オーナー/赤い水性のユーヤさん)by ワープス
広島県から大挙押し寄せてきたワープスからACGコンパクト & エコカークラスにエントリーした赤い水性のユーヤさんの86。赤い、とにかく赤いエクステリアに塊感のあるアルミが映えて一体感を演出。インテリアも真っ赤なレカロに、巻き直したGTハンドルのインパクトが強烈。carrozzeriaのナビを軸にRockford Fosgateユニットで統一され、アウターバッフルも純正ラインに沿った赤いグリルとなっている。ラゲッジは何かのエンブレムに見えてくる造りで、スピーカーやサブウーファー、パワーアンプをデザインの一部としてレイアウトしている。オーナーのコンセプトがしっかりとしていて、それを具現化したプロショップとの共同作業を感じる印象強いクルマだ。
《藤澤純一》

特集

page top