“純正スピーカーのまま”、愛車のサウンドを良くする方法とは!? 第1回「チューニング機能を駆使して音質向上!」 | Push on! Mycar-life

“純正スピーカーのまま”、愛車のサウンドを良くする方法とは!? 第1回「チューニング機能を駆使して音質向上!」

愛車のオーディオの音に満足できているだろうか。満足できていないのであれば、当特集をぜひともお読みいただきたい。今回は、“純正スピーカーのまま”という条件のもと、比較的に低予算で実現できる「音質向上作戦」を、計4回にわたってご紹介していく。

カーオーディオ 特集記事
カロッツェリア・サイバーナビの設定画面。

愛車のオーディオの音に満足できているだろうか。満足できていないのであれば、当特集をぜひともお読みいただきたい。今回は、“純正スピーカーのまま”という条件のもと、比較的に低予算で実現できる「音質向上作戦」を、計4回にわたってご紹介していく。

第1回目となる今週は、“純正スピーカーのまま”で音を良くするための「サウンドチューニング・テクニック」をご紹介していく。

■基本機能である「バランス」と「フェダー」でも、音質向上は可能!

まずは、どんな機器でも必ず搭載されている、「バランス」と「フェダー」の使いこなし方から解説していきたい。あまりに基本的な機能であるが、この「バランス」と「フェダー」も、使ってみると案外役に立つ。

「バランス」とは、左右の音量バランスを調節する機能だ。デフォルトでは“センター”に合わされているはずだ。助手席に人が乗っているときにはそれで良いが、自分1人の場合は、そのままにしておくべきではない。

操作方法は簡単だ。つまみを左側に動かしながら、左右のスピーカーの音量が同じくらいになるポイントを探っていこう。左右の音がバランス良く聴こえると、音像が立体的になり、心地良さが一気に増すはずだ。

次は「フェダー」だ。これは、前後の音量バランスを整える機能である。「サラウンド的な効果を得るためにリアスピーカーも鳴らす」というアプローチはあるももの、後ろに人が乗っていないのであれば、「前10:後0」で使用するのが、1つの基本スタイルではある。ステレオは、音源が2chに振り分けられたものであるので、スピーカーは2本あれば十分なのだ。

ただし、「後ろをちょっとだけ鳴らす」というテクニックは存在している。リアスピーカーを少々鳴らすことで、低域の量感を増やすことが可能となるのだ。

試しに、「10:0」の状態から、「フェダー」を徐々に後ろに動かしていってほしい。動かし過ぎると、ボーカル等の中・高域の音が後ろから聴こえてくる。そうなってしまったら、動かし過ぎだ。そこからまた、少しずつ前側に戻していこう。

そして、ボーカル等が後ろから聴こえてこなくなったら、そこで一旦止め、しばらくその状態で音楽を聴いてほしい。その後もう1度、「10:0」の状態に戻し、聴こえ方を比べてみよう。その2つを聴き比べると、ちょっと後ろに動かした状態のほうが、低域がたっぷりとした感じに聴こえていたことに気が付くはずだ。

中・高域の音は“指向性”が強い。しかし低域の音は“指向性”が弱い。リアスピーカーから中・高域の音が聴こえてくると、それが耳につき、ステレオイメージが崩れてしまう。しかしリアのボリュームを下げていくと、中・高域はシート等にブロックされて聴こえてこなくなる。しかし低域はシートを回り込んで耳に届く、というわけなのだ。

■「イコライザー」を“味付け”として楽しむ方法とは?

続いては、「イコライザー」について解説していきたい。

ところでひと口に「イコライザー」と言っても、機種によってできることが大きく異なる。“バンド数”に違いがあるからだ。もっともシンプルなユニットでは「トレブル(高音)」と「バス(低音)」しか操作できない。対してAV一体型ナビの上級機ともなると「13バンド」タイプが搭載されている。

2バンドタイプの場合はむしろ、頻繁に触ってみても面白い。聴いている音量に応じて使い分ける、という活用の仕方があるのだ。

例えば、高音。高音は、小音量時には聴き取りづらく、大音量時にはきつく感じられるものである。なので、小音量時には「トレブル」を上げ気味に、大音量時は「トレブル」を下げ気味にすると、それぞれの局面で音楽が聴きやすくなるはずだ。

対してバンド数の多いタイプでは、どのように扱うと楽しめるのかと言うと…。

まず「イコライザー」の役割について解説しておこう。「イコライザー」には2つの役割がある。“補正”の役割と、“味付け”の役割、以上の2つだ。

クルマの中は狭く、そして音の反射・吸収が起きやすく、周波数特性が乱れがちだ。「イコライザー」を使いこなすことで、それに対処することが可能となるのだ。

しかしながら、特性の乱れを探しあてるのは、なかなかに難しい作業である。なので今回は、“補正”ではなく、“味付け”的な楽しみ方について解説しようと思う。

“味付け”的に使うというのは、「美味しいと思うところを増強して、必要性が薄いと思うところを減らす」というような運用方法である。そうすることで、好みの音色を作り出すことが可能となる。

具体的な方法をお教えしよう。もっとも操作しやすいのは、「プリセットデータ」を活用する方法だ。多くの機種で、もともと例えば“ロック”とか、“ボーカル”とか、なんらかの「イコライザーカーブ」がプリセットされているはずだ。まずはその中から、自分が好きだと思えるものを選んでほしい。そうして、その時の設定値を、一旦、写真に収めておく。

次に、任意に操作できる画面を呼び出し、写真に収めたとおりの設定を復元してみる。そうして、その状態から微調整を加えてみよう。つまり、「プリセットデータ」をベースに、自分好みの「イコライザーカーブ」を探していく、というわけなのだ。

この場合、「フラットに戻していく方向」に調整していくことがコツとなる。「プリセットデータ」は、どちらかといえば、大げさな操作となっていることが多い。なのでそれを戻し気味にしていくと、案外ちょうどいいあたりが見つかったりする。ご参考にしていただきたい。

■「サブウーファーコントロール機能」が搭載されていたらしめたもの…。

最後に、とっておきのテクニックをご紹介しておきたい。それは「ドアのスピーカーの下側の帯域をカットする」というテクニックである。

ドアのスピーカーは、100Hzあたりよりも下側の音を出すことを得意としていない。特に純正スピーカーほど、その傾向が顕著だ。なので、不得意な部分は諦めて、その負担を取り除いてやろう、というわけなのだ。そうすると、ドアのスピーカーのストレスが減り、それよりも上の音を鳴らすのにも良い影響が出てくるのである。また、ドアのスピーカーに低い音を鳴らさせると、ドア内部の鉄板がビビりがちとなる。それを防止する効果も見込まれるのだ。

ちなみに、この操作が可能なメインユニットは、「サブウーファーコントロール」機能が搭載されているメインユニットに限られる。それが搭載されている場合、サブウーファーと、ドアのスピーカーの役割分担を設定することが可能となる。これを利用して、ドアのスピーカーに送られる音楽信号の下側を、カットしようというわけだ。

操作の際は、カットする範囲と、カットする減衰率を設定できるので、カットし過ぎないように気を付けながら、それでいて音がスッキリとするポイントを探っていこう。

さて、いかがだったろうか。とにもかくにも、お使いのメインユニットには、なんらかの調整機能が搭載されているはずである。せっかくの機能なので、どうせならばいろいろと触ってみて、音質向上に役立てよう。狙いどおりに扱えるようになると、「サウンドチューニング」が、さらに面白くなるはずだ。

次回は、機械的なチューニングではなく、物理的なチューニング、つまりは“デッドニング”について解説していこうと思う。次週の当コーナーも、お読み逃しなきように。

《太田祥三》

関連ニュース

特集

string(13) "pages/article"
array(8) {
  ["id"]=>
  int(1)
  ["name"]=>
  string(21) "カーオーディオ"
  ["url_name"]=>
  string(8) "caraudio"
  ["disp_order"]=>
  int(100)
  ["is_hidden_adsense_ads"]=>
  bool(false)
  ["is_hidden_other_ads"]=>
  bool(false)
  ["top_url"]=>
  string(19) "/category/caraudio/"
  ["url"]=>
  string(26) "/category/caraudio/latest/"
}
string(8) "caraudio"
page top