アメリカブランドの代名詞『Rockford Fosgate』チューンナップウーファー | Push on! Mycar-life

アメリカブランドの代名詞『Rockford Fosgate』チューンナップウーファー

1979年、アメリカ・アリゾナ州のテンピに設立以来、カーオーディオのリーディングカンパニーとして君臨してきたロック・フォード・フォスゲート。

カーオーディオ 特集記事
アメリカブランドの代名詞『Rockford Fosgate』チューンナップウーファー

1979年、アメリカ・アリゾナ州のテンピに設立以来、カーオーディオのリーディングカンパニーとして君臨してきたロック・フォード・フォスゲート。

ルーツは設立者であるジム・フォスゲートが1973年に世界初の車載用高性能パワーアンプを開発することから始まる。ジムは、車内でホームオーディオのようなリスニングルームを実現するため開発に没頭し同年、「PUNCHEQ」をリリース。これは誰もが驚く「パンチの効いたサウンド」であったことから、PUNCHという愛称で呼ばれ、現在の製品に脈々と受け継がれている。米国・カーオーディオの歴史はロックフォードで始まったといっても過言ではない。

ロックフォードの定番、グローバル・スタンダードPUNCH。豊富なラインアップの中で、手軽なチューンナップ・サブウーファーをご紹介しよう。

「PUNCH POWERED SUBWOOFER」シリーズは、4つのモデルから選べる。パワード・サブウーファーとは、サブウーファーユニット本体とパワーアンプが一つのボックスに納められているもの。いわゆるオールインワン構造のチューンナップ・サブウーファーだ。P300-10は10インチ(25cm)モデルで内臓のパワーアンプは、定格出力300W/最大600Wと強力。ボックスは密閉タイプでバスレフ式と比べると、帯域の一部に誇張感のない滑らかな低音を再生する。再生周波数:35Hz~200Hz。入力感度:100mV~3V。クロスオーバー内臓型でローパス50Hz~200Hz(-12dB/oct)。ハイレベルに入力にも対応し、純正オーディオのスピーカー出力につないで鳴らすことができる。サイズ:455(幅)×338(高さ)×224/152mm。このP300-10(25cm)なら、小型スポーツカーのような極端に狭いキャビンでない限り、ほとんどのクルマに搭載できる。チューンナップ・サブウーファーのよいところは、カンタンに脱着できる。電源、音声(RCA&ハイレベル)ともにコネクタ構造になっているので、いざというときはコネクタ(端子)を外せばいい。

ベース音が強調されているような楽曲には、サブウーファーは必要不可欠。手軽に低音を補って音楽を満喫してほしい。

《永松巌》

特集

page top